自分から頑張ってアピールしているのに、彼から避けられる「ごめん避け」って、精神的にかなり辛いですよね。

男性がごめん避けをするのには理由がありました。

今回はその理由と、ごめん避けされた相手の本命になるための対策法を紹介します。

ごめん避けする男性心理と本命になる方法

他に好きな人がいる

「今までで一番辛かったのが、僕のことを好きになってくれた子の親友を、僕が好きだったとき。必死でアプローチしてくれるのはわかったけど、付き合う気にはなれなかった。僕が好きな子にアプローチするのも悪い気がして諦めました」(25歳/ゲーム)

ごめん避けをするには、それなりの理由があります。あなたに魅力がないからというわけではないことだってもちろんあるのです。

ですから、それとなく相手に好きな人がいないか探ってみるのが得策でしょう。

相手の好きな人を知ることができると、その後とるべき行動が見えてきます。

実は既婚者

「派遣社員の子から猛アタックされて、避けてたことがあります。実は既婚者なんですけど、職場では指輪とか外してて。言おう言おうと思いつつタイミングがつかめず……。悪いことしたなぁって思ってます」(34歳/不動産)

社会人男性の場合、もしかしたら既婚者かもという発想を持つことも必要です。指輪をしていないからと未婚と決めつけるのは早計。

相手が同じ職場にいるのなら、相手の周囲の人に既婚かどうかを確かめてみるのが良いでしょう。

付き合う余裕がない

彼から避けられている理由は?

「仕事が忙しすぎて誰とも付き合う余裕がない時期があるんです。その時期にアプローチされると面倒で、避けてしまいます。付き合っても悲しい思いをさせるだけと思っての行動ですが、相手からしてみたら辛いかぁ」(33歳/警備)

恋愛って時間も体力もお金も消費します。それ以上に満たされた気持ちになれるというメリットもありますが、現実的に無理と思ってしまうことだってありますよね。

ただし、このパターンが一番恋愛を成就させられる可能性が高いです。

付き合ってからも重たい女にはならないことなどが相手に伝われば、心変わりを期待できるからです。

おわりに

ごめん避けしてくる相手の気持ちを動かすのは、簡単なことではありません。

そのため、十分な戦略と時間をかける必要があります。

相手がなぜごめん避けしてくるのかを探り、じっくりと取り組むことで本命になれる可能性が高まりますよ。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)