複数の男性からモテるのは嬉しいですが、できれば自分が好意を持っている相手に好かれたいですよね。

面倒な相手に気に入られ、時間を無駄にするようなことは避けたいところです。

そこで、「男が好かれていると勘違いする仕草」についてまとめてみました。

意外とチョロい…!男が「好かれている」と勘違いする仕草

ジッと見つめる

「飲み会で、向かいに女の子が座ったのですが、その子が話すときにジッと見つめてくるんです。やっぱりドキッとします。意識されてるのかなって思っちゃいます」(26歳/内装)

何か興味のあることに対して、ジッと見つめて観察することがあると思います。それは人に対しても同じで、興味があるから見つめるわけです。

相手もそれが分かっているので、見つめられると、好意を持たれている……と感じてしまうんですね。

話をする距離が近い

「彼女を好きになったキッカケは、話をしているときにやけに距離が近かったから。息がかかるぐらい接近してくるんです。気を許してくれているんだなと感じて、だんだん好きになっていきました」(28歳/音楽)

人にはそれぞれパーソナルスペースというものがあります。あまり他人に入ってきて欲しくない領域のことです。

息がかかるぐらいの距離まで近づいたということは、完全にお互いのパーソナルスペースに入り込んでいる証。

しかし、それを不快に感じていないわけですから、自分には気を許してくれていると感じるんですね。

飲みものを「ちょうだい」と

「みんなで飲みに行ったとき、ひとりだけ初対面の女の子がいました。僕は甘いお酒が好きなので、ちょっと変わったものを飲んでいたら、その子が『ちょうだい』と言ってきて。そこから気になって仕方がなくなりました」(25歳/飲食)

「ちょうだい」とひと口もらうようなやり取りは、恋人同士なら分かりますが、初対面ではなかなかしませんよね。

よっぽど気に入っている相手ならば、理解できます。された男性が勘違いするのは当然と言えるでしょう。

舌をペロッと出す

「少し前に好きだった子は、ぶりっ子というかあざとい子。甘えた声を出したり、ミスをしてペロッと舌を出す仕草をしたりするんです。俺のことが好きなのかと思ったんですが、告白したらフラれました」(29歳/自動車)

あざとい仕草をするということは、気に入られようとしてやっているのだと思います。そこにはやはり好意があるのだと感じるでしょう。

ただ、そういう仕草が自然に出てしまうタイプの女性もいますよね。

いわゆるぶりっ子と思われるような行動は、なんとも思っていない相手の前では、慎んだほうがいいでしょう。

おわりに

相手を勘違いさせることで、思わぬトラブルに発展することもあります。

誰構わず愛想を振りまくのではなく、改めてちょっとした行動には気をつけたいもの。

ただ、勘違いさせることで、恋愛に発展するケースもあるので、そこは上手に使い分けていきたいところですね。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)