好きな人がシャイな男性だと「私のこと本当に好きなのかな」と不安になることがありますよね。

多くの恋愛ハウツーに書かれていることが全てではありません。不器用男子も「うまく好意を示せない」と悩んでいるのかもしれませんし、二人が勘違いしたまま恋が終わってしまうなんてもったいない気もします。

今回は、不器用男子に特化した「彼女にしたい!」サインを4つ紹介しましょう。

不器用男子が見せる!あなたを「彼女にしたい!」サイン

恋の始まりは素っ気ない

「オフィスで仕事をしていると、書類は『はい』の一言でデスクにおく男性がいました。書類に目を通すと、私の仕事を肩代わりしてくれたようで、とても思いやり溢れた内容でした。“本当は優しい人なんだな”と感じたのを覚えています。

彼は自分でお弁当を作ってきていたのですが世間話で『美味しそう』と言ったら、『唐揚げ一個上あげます』とくれたり。でも、顔は笑ってないんですよ。“不器用な男性”だったんでしょうね(笑)」(Sさん・27歳女性/看護師)

素っ気ない様子が見られたら「嫌われているのかも」と思ってしまいますが、案外男性によっては好意の裏返しなことも考えられます。

諦めずに関係を深めていくことで、知らなかった彼の一面を把握できるいい機会になるかもしれません。一般論より、その男性を見つめることの方が大事ですよね。

つれない言動

「気になっている男性が、人見知りがすごくてその様子に私まで怖気付いちゃう感じ。あるとき勇気を出してデートに誘ってみたのですが一言『いいよ』で終わり。

つれない言動に、ちょっとショックを受けましたが顔をみると、どことなく赤い気がして。“可愛いな”と思いました」(Mさん・31歳女性/教員)

シャイな男性は、女性から予想もできないようなぶっきらぼうな返答をしてきたりします。

つれない言動が見られても、怖気付かずに勇気を出して関係を深めていくことで、その男性の本音を知ることができるかもしれませんね。

目を合わせてくれない

「目が合うと両思いのサインと言いますが、私の彼は不器用男子だったので目を合わせてくれるどころか、いつも俯かれたまま会話をとっていました。思わず勘違いしてしまいそうですが、

彼の性格も考慮して前向きに捉えました。そのうちに徐々に心を開いてくれたようで、見れる表情を増えていき先月無事に付き合うことになりました」(Aさん・29歳女性/介護士)

目を合わせてくれないのは、恥ずかしさからくるものなのかもしれません。

表情や仕草から感情を読み取るようにすると、彼への理解が追いつくかも。

ピュアな男性にありがちな兆候ですので、あまりグイグイ距離を縮めるのではなく持久戦でいきたいものです。

声が小さい

「声が小さくて、何を話しているかよく分からない男性でした。最初は“不思議な人だな”くらいな印象でしたが、飾らない彼の態度を見て“一緒にいると居心地がいいな”と思えたのです。

そんな日々が続いた後、『なんで声が小さいの?』と聞いたら『うーん。恥ずかしい』と言って、なんの悪気もなく『なんで恥ずかしの?』と聞いてみると、沈黙が何分か続いた後に『好きなんだよね』と告白されちゃいました」(Mさん・21歳女性/大学生)

好きな人に声をかけられたら、女性でも緊張しますよね。

少女漫画に登場するような強引で男気溢れる男性との恋愛は、いつもスリルがあるかもしれません。しかし、不器用男子は一緒にいて「飾らなくていい」という安心感があります。

ちょっとずつ距離を詰めてくれる感じをも魅力の一つだと思えると、等身大の恋を楽しめるはずです。

不器用男子の好意のサインは勘違いしやすい

不器用男子の好意のサインは勘違いしやすいものなのかもしれません。

女性からしたら「とても好かれているようには思えない」という態度を解いていくことで分かる彼の魅力があります。多くの女性に好意的に映らないからこそ、ひたむきに愛してくれそうですよね。

「好かれてないのかな?」と思ったら、逆にチャンス。猛プッシュすることで恥ずかしがる愛おしい彼が見れるかもしれませんよ。

(東城ゆず/ライター)

(愛カツ編集部)