交際・結婚をするのなら、素敵な紳士がいいですよね?

間違っても、ろくでもない男性は引き当てたくないもの。ただ、交際前に見極めるって……そこそこ恋愛経験を重ねていないと難しいですよね?

そこで今回は、ろくでもない男性に引っかからないように、その特徴をご紹介します。

どんなに好きでも考え直して!ろくでもない男性の特徴

仕事する気がないニート

どんなに好きでも、働く気がないニートや、「仕事辞めたい」とか「もっとラクして稼ぎたい」などと言っている男性との関係は断ち切った方がいいでしょう。

転職活動すらせず、愚痴だけこぼして今の仕事をダラダラ続けているような、惰性で生きている男性は先行き不安です。

人は、一緒にいる人や環境の影響を受けて、染まっていくものです。

そんな甲斐性なしな男性と付き合ってしまうと、自分までそういう思考になりかねません。

見下した物言いで虚勢を張っている人

素敵な紳士は、決して見下した物言いで虚勢を張ったりしません。

「見下して虚勢を貼る」などの醜い態度が取れるのは、謙虚さを忘れた愚か者だからです。

一見、自信があって頼れそうな感じにも見えますが、実際は小心者の小者であることが多いです。

こういうタイプほど、いざという時に現実から目をそらし、逃げ出す傾向があります。

行動が伴わない男性は、いずれ二人の関係にも影響を及ぼしますので距離を置いて正解かも。

「高価=価値がある」と勘違いしている人

「高い物は価値があるに違いない!」と思い込んでいるタイプは、深く考えることができない単純思考タイプです。

ブランドの本当の価値もわからずに、ただただ散財している傾向にあります。

こういう男性は基本的に審美眼がないので、だまされやすく、単純思考ゆえに行動も短絡的です。

あなたがしっかりとした大人の関係を築きたくても、彼は幼稚な行動が多くてそんな関係は築けないのです。

ガツガツとしつこく口説く人

男性にガツガツ口説かれたら、逃げた方が賢明。基本、ガツガツとしつこく口説く人に、まともな人などいません。

ガツガツとしつこく口説くということは、相手の気持ちも考えず、自分の気持ちを相手に押し付けているだけ。実は、思いやりに欠ける行為なのです。

彼に押されまくって『まぁいいか……』と妥協で付き合ってしまう女性もいるでしょうが、付き合ったら最後、高確率で自己中心的な彼に振り回され、辛い思いをします。

かっこよくても気をつけて!

ステキな恋愛をするには、いい相手を見極めることが大切です。

いくら容姿に惚れていても、今回紹介したような傾向がみられるならば、今一度相手を見極めましょう。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)