余程のことがない限り、大好きな彼女を急に突き放すことはしません。

しかし場合によっては、そうとも限らないのです……。

これまでの信頼関係があるのにもかかわらず、男性たちが急に彼女を信じられなくなり冷めてしまった瞬間とは、いったいどのようなものなのでしょうか。

「あ、もうこの子無理かも」男性が彼女に冷める瞬間

約束を破られた

約束を破るのは、良い大人ならご法度。

信頼関係に関わります。

これは、仕事だけではなく恋愛でも同じことがいえるでしょう。

たとえばこんな例が当てはまります。

デートをドタキャンする

「デートのドタキャンは、やめてほしいですね。せっかく予定を空けておいてくれて、楽しみにしていた相手に失礼だと思う。

ただ、どうしても体調が悪いときや仕方がないときは、誠意がみえるなら許せます」(27歳/編集)

彼にとっても、デートは楽しみな日の一つ。

ワクワクだってしているし、楽しみだからこそ予定を空けているのです。

それなのに、彼女にいとも簡単にデートをドタキャンされると「悲しい」という声が相次ぎました。

言ってることとやってることが違う

「飲み会などで『今日は男の子いない』と言いつつ、後日見せてもらった写真には男性がちらほら写っていました。思い返してみると、その日は予定より遅く帰ってきたような……?

何もなかったとしても、不安にはなりますね」(28歳/IT)

言ってることとやってることが違うと、誰だってその言葉を疑いたくなるもの。

「もしかして嘘をついて、浮気してるんじゃないか?」と男性を疑心暗鬼にさせてしまう可能性も。

彼氏に誤解されるような言葉や行動は控えましょう。

扱いが雑すぎる

あなたがそんなつもりじゃなくても、彼は「テキトーに扱われている……?」と感じることがあります。

そこから「信用できない」につながってしまうと、別れも近づいてくるかもしれません。

適当な対応のケースで、男心が傷ついたパターンを紹介しましょう。

平気で異性と遊びに行く

「彼女のことは信じているけど、一般的に理解できないことがあると引きます。

『男の子だけど、幼馴染だから毎日電話する~』とか『旅行に一緒に行く』と元カノが言い出したときは、もうやってけないと思いましたね」(28歳/営業)

他の男性と仲が良すぎると、嫉妬もしてしまいます。

また、思ったことを素直に言えない男性は、心の中でその不満をためておくことになります。

その結果、彼女ともギスギスしてしまい、いい関係が保てなくなる場合も。

スマホばかり見ている

「僕の彼女はデートのときもスマホばかり見ているので、たまにイラっときます。

僕とどこに行くにも、すぐ写真を撮りたがるし、そのままインスタに上げたりとか。『いいねのためにデートしてんのかな?』と思いますね」(26歳/デザイナー)

デートの時にスマホばかりみている女性、意外と多いもの。

彼氏とせっかくデートしているのですから、スマホチェックはほどほどにしましょう。

「俺とのデートが楽しくないのかな?」という不安感から、彼があなたとの交際に自信を無くしてしまう可能性があります。

返答がワンパターン

「いつも僕が話を振るんですけど、『そうだね』とか一言で、会話が続かなくて困っちゃいます。

返答がワンパターンなので、僕の話には興味ないのかなって。だんだん寂しくなってきます……」(26歳/看護師)

返答がいつもワンパターンな場合は、少し注意が必要。

彼も楽しく会話をしたいのに、そのために会話を振っているのに、あなたの言葉が一言だと悲しくなってしまいます。

「面倒臭いと思われてるのかな?」と、勘ぐってしまうこともありますよ。

内面を磨いて彼を安心させてあげて

彼に嫌われないようにするために、外見だけでなく内面も磨いていきましょう。

「付き合ってるから」という油断が、マンネリや不信感に繋がることもあります。

彼に誤解されない、いい彼女になるためには日頃からの行いが大切。

表面上だけ取り繕ってもダメなのです。

彼に嫌われないように気をつけてくださいね。

(東城ゆず/ライター)

(愛カツ編集部)