男性は恋愛や男女関係といった点に関しては、鈍感な人が多いです。

そういった男性を好きになった場合には、女性からのアプローチの仕方にも工夫が必要になってくるでしょう。

そこで今回は、「鈍感な男性」へのアプローチのコツを紹介します。

気づいてもらえてない?「鈍感な男性」へのアプローチのコツ

自分から行動を起こす

鈍感な男性はあなたの気持ちになかなか気づかないので、言ってしまえば、受け身のような状態も同然です。

そのため、女性のほうから行動を起こすようにしないと、ふたりの関係性は進展していきにくいはず。

話しかけたり、LINEを送ったり、食事に誘ってみたり、相談を持ちかけてみたり…。

少しずつでいいのでアピールをしていけば、さすがに鈍感な男性でもあなたの存在が気になり始めることでしょう。

わかりやすく「興味」を示す

男性は、自分に興味を持ってくれる女性には、好感や親近感を抱くもの。 だからこそ、それは立派なアプローチになる行為であるとも言えます。

ただ、鈍感な男性は気づいてくれないケースもあるので、わかりやすく興味や関心を示すことが大事。

話を真剣に聞いたり、きちんと反応をしたり、教えてもらう姿勢を取ったりすると、興味を持っていることうを上手に伝えられるでしょう。

「接触回数」を増やす

「接触回数」を増やす

鈍感な男性の印象に残る女性になるためには、単純に会う回数を増やすことがポイント。

一回一回はちょっとの時間でもいいので、接触回数を多くしていければ、あなたの存在感は大きくなっていくでしょう。

挨拶は必ずする、休憩時間に話す、一緒に帰る、食事会などでは近くに座るなど、なんでもいいので接点を持つようにするといいかも。

なかなか実際に会えないときには、SNSや連絡ツールで接触をするのもひとつの方法ですよ。

「友人」に協力してもらう

「○○ちゃんがカッコイイって言ってたよ」なんて人から言われると、男性は急にその女性のことが気になり始めてしまうものです。

鈍感な男性に対しては、友人に協力をしてもらい、そういった伝え方でさりげなく好意を示すのもアリ。

また、あなたのいいところを伝えてもらったり、その友人も含めて一緒に食事をしてもらったりといったことだってできるかもしれません。

ただ、あまり色んな人を巻き込みすぎるとややこしいことにもなりかねないので、基本的には信頼できる友人にだけ手を貸してもらうようにしましょう。

おわりに

アプローチをしても気づいてもらえていなかったら、何の意味もありません。

鈍感な男性でも、ちゃんと男心を揺さぶることができれば、あなたへの意識も変わってくるはずですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)