男性からずっと愛される女子っていますよね。

彼の心をつかんで離さない女子になるには、どうすればいいのでしょうか。

今回は愛され女子になるための3つの鉄則を紹介します。

彼から愛され過ぎて困っちゃう!そんな愛され女子になる3つの鉄則

感謝の気持ちを伝える

彼がしてくれたことに対して、きちんと感謝の気持ちを伝えられる女性こそ愛され女子の条件です。

感謝されると、男性はもっと何かをしたくなるようです。まずは、「ありがとう」を伝える機会を増やしてみましょう。

そして「ありがとう」の他にも、感謝を伝えられる言葉はたくさんあります。

それらを上手に組み合わせると、彼もドキッとしてしまうはず!

具体的に、使える言葉を紹介しますね。

●「助かったよ!」
あなたがいたから、成し遂げられたというメッセージになるので、言われた側も嬉しい言葉です。わざと使う必要はないですが、そう感じた時は、恥ずかしがらずに使ってみては!

●「A君がいてくれたお陰」
彼はきっと役に立ったんだ!と思って、もっと何かをしたくなるはず!

●「すごく嬉しい」
「嬉しい」という言葉を相手に伝えるのは、ちょっぴり気恥ずかしく感じるかもしれませんが、ポジティブな言葉はジャンジャン使っちゃいましょう。きっと彼も嬉しくなるはず!

●「私の神様、降臨!」
冗談のわかる相手なら、ちょっと大げさなくらいの言葉でもOK。「神様にお願いしたいことがあるんだけど」と、にっこりしながら言うと、話しを聞いてくれる可能性も!

●「もう大好き!」
つき合っている相手なら「ありがとう」や「助かっちゃった」を通り越して「もう大好き!」がベスト。

彼もニコニコになってくれるはず!ただつき合っていない場合は、グッとこらえて違う言葉で表現しちゃいましょう。

これらの言葉に、ハグや手を握るなどのボディータッチや、キスをプラスしてもいいですね。

マイナスな言葉を使わない

いつも前向きで、一緒にいると気持ちが明るくなる人はやっぱり愛されますよね。

そのためにも、「ヤダ」「ウザイ」「ムダ」などのマイナスフレーズは使わないようにしましょう。

時にはシャットアウトして、自分の世界にどっぷり

彼ばかりではなくて、自分の時間を大切にする女性は魅力的に映ります。

彼に向けた「好き好き」パワーを、同じように自分にも注いでみましょう。

1日数十分でもいいので、自分の世界にどっぷり浸かれる時間を大切にしましょう。

今日あった出来事を振り返って日記を書いてみたり、本を読んだり、音楽を聞いたり。

スマホから離れ、彼からの連絡も気にしない時間を作ると、「この子は自分の世界(彼からしたら謎の部分)があっていいな」と思われそう!

愛され女子の3つの鉄則を実践して、愛され女子を目指そう

愛され女子の鉄則は、日常的にすぐできるものばかり。

しかも意中の彼にではなく、同性や先輩・後輩などにも応用可能です。

ぜひ実践して、愛され女子に進化しちゃいましょう。

(なつくま/ライター)

(愛カツ編集部)