恋人になるのにも、友達になるのにも、中身ってすごく重要ですよね。

でも、外見も人の印象を決めるとても大切なもの。

でも、「外見なんて、生まれつきのものだから変えられないじゃん」……なんて思っているあなた!

実は、「メイク」を変えるだけで相手に好印象を与えることは可能なんです。

そこで今回は、メイクが女性の印象を変える事例を3つ見ていきたいと思います。

「メイクでこんなに印象が変わるなんて!」…3つの事例で解説♡

1.ビジネスシーンや面接に大きく影響

「ビジネスシーンで好印象を与えるメイクを調べて、今の転職先を勝ち取りました!」(25歳/IT/女性)

顔で物事が決まってしまうことに納得いかない方も多いはずですが、とくに営業職などでは確実に影響してきます。

玄関先で初めて会った人を信用できるか見極めるのは正直顔の印象を含む雰囲気。

メイクのテクニックで自分の人相を操ることができるなら、メイクの良し悪しは成績に直結してきますよね。

それは面接の場においても同じことが言えるでしょう。

同じような雰囲気で、同じような経歴の人が2人来たなら、見た目のいい人のほうが面接官に良い印象を与えるかと思います。

2.メイク美人は得をする

「高校までは彼氏もいなくて特別モテているような子でもなかった親友。大学に入ってから急激にモテモテに!

なんなら、私の方が高校時代はモテていたのに、合コンやサークルでは男性の視線を明らかに独り占め……でも、確かにメイクが上手で服装にも気を使っていたので努力美人すごい!って思って見習うようにしています」(21歳/大学生/女性)

きれいになれば周りの人がやさしくなる……。

残酷なことですが、周りを見てみると美人というのはかなり得していますよね。

しかしその女性達は本当の美人でしょうか。

……すっぴんだったらどうでしょう。

みなさん成人式のあの日を思い出してください。

女性陣に対し、久しぶりに会った人達からの大半の声は「綺麗になったね!」「可愛くなったね!」であったはず。

でもまだ幼さの残る高校卒業から2年しか経っていないのに、みんながみんな急激に綺麗になるわけはありません。

成人式で周りにチヤホヤされていたか否かは、その2年のうちにいかにメイクテクを習得できていたかにかかっていたのではないでしょうか。

3.恋愛に自信がつく

3.恋愛に自信がつく

「メイクが上手くいったと思えた日は自信を持てます!私はその自信のお陰で告白に踏み切り、成功することができました!」(27歳/受付/女性)

もちろんメイクというのは恋愛においても有利に働きます。

メイクが上手いということは自分をいかに可愛く、美しく見せるかの術を知っているということ。

自分の短所を隠すメイクもあれば、長所を伸ばす方法だってあります。

また、「自分に自信を持てるかどうか」、これも恋愛には重要です。

ある程度、自分に自信を持てないと、男性にアプローチすること、ましてや告白するなんてできないですよね。

あなたを輝かせるメイクを研究してみて♡

メイクで自分の見た目を大きく変えられるのは女性の特権。

どうせするのなら、とことん研究して恋にプラスになるようなメイクをしていけると素敵ですよね。

(斎藤奈々子/ライター)

(愛カツ編集部)