喧嘩をしているわけでもないのに、男性からのLINEの返信が素っ気ないと、モヤモヤした気持ちになるでしょう。

なぜ冷たい対応をするのか、男性の心理が気になりますよね。

今回は、LINEが素っ気ない男性の本心を紹介します。

いい関係性なのに…なぜかLINEが「素っ気ない」男性の本心

「タイミング」が悪い

「忙しいときにLINEを送られても対応できない。もうちょっと時間帯とか考えてもらえるとあり難い」(27歳/男性/販売)

LINEが送られてくるタイミングが悪すぎると、素っ気ない対応しかできなくなることも……。

仕事の真っ最中、もう眠ろうとしている深夜、起きたばかりの早朝、プライベートが大変な状況になっているとき。

こんなときはLINEに対応もできないでしょうから、LINEをしたいという自分の欲求だけではなく、相手の状況や気持ちもちゃんと考えてから送るようにしましょう。

「答えに困る内容」である

「どう返したらいいのかわからないLINEには、簡単な相づちくらいしかできなくなる。悪いとは思うけど、返信のしようがない」(31歳/男性/不動産関係)

「今日は焼肉を食べたよ」とか「今日はずっと眠かったな」などと、日記のようなLINEを送られても、男性は答えに困ってしまいます。

「うん」「そうなんだ」「へぇ」といった相づちくらいしかできなくなるので、必然的に素っ気なくも見えるのかも。

男性があまり話にノッているような感じがしないときは、独りよがりの会話内容になっていないか、一度チェックしてみてくださいね。

文字を打つのが「面倒くさい」

彼の反応が薄くなるLINEは?

「長々と話していると、だんだん文字を打つのが面倒になってきちゃいます。そうすると、なんとなく軽めの返信になることはあるかもしれません」(33歳/男性/公務員)

男性のLINEの返信が素っ気なくなる理由のひとつに、文字を打つのが面倒くさいというものもあります。

特に、最初からではなく、話しているうちにだんだんと素っ気ない対応になってきた場合は、もう長々と打つのが嫌になっている可能性が大。

それは会話を終わりにしたい合図でもあるので、その辺で切り上げるようにしないと、ただただ苦痛を与え続けることになってしまいますよ。

「普通に」話している

「返事が冷たいとかよく言われるんだけど、そんなつもりはまったくないんですよね。ちゃんと話しているのに、どうしたらいいのか」(31歳/男性/自営業)

素っ気ないと感じているのはあなただけで、男性としては至って普通に話をしているというケースもあります。

そもそも口下手な男性や物静かなタイプの男性であれば、そういったことも往々にして起こり得るかも。

それなのに、「なんか冷たくない?」「怒ってるの?」「なんで素っ気ないの?」なんて問い詰めると、ふたりの間に溝が生じてしまいますよ。

おわりに

男性のLINEの返信が素っ気ないのには、さまざまな理由があります。

女性側が原因になっているケースもあるので、LINEを送る前に相手の気持ちを考えてみることも大切ですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)