デートの時、男性がつまらなそうにしていることがある。会話に詰まる。次のデートの誘いがない……。

それ、彼に「一緒にいてしんどい」と思われているのかも。

楽すぎてドキドキしないのも、恋愛的にはどうかと思いますが、「しんどい」と思われると、進展は期待できません。

良かれと思っての言動が、男性をしんどくさせていないか、チェックしてみませんか?

あなたは大丈夫?男性が「一緒にいるとしんどい」女子とは

男性にばっかり話させる

「『なにか面白い話してよ』とか、僕にばっかり話させようとする女子は苦手です。
面白い話ってなんだ?と思うし、話しても特に面白そうじゃないんですよね。
口だけそれでそれで?と言われても……。1日一緒にいても、全然仲良くなれる気がしない」(24歳・男性)

聞き上手な女子はモテると言われますが、それは「男性にだけ話させる」ことではありません。

「面白い話して」のような雑なネタ振りをして、自分はふんふんと聞くだけ。これでは男性も疲れてしまいます。

話を広げたり、自分の話も織り交ぜて、会話のキャッチボールを心がけて。

反応が薄い

「反応が薄い女子といるときが一番つらいかも。
食べたいものを聞いても『とくにないです』とか、話しかけても笑ってくれないとか……。
相手はつまらないのかも?と思いながら一緒にいるのって本当に苦痛。時間が長く感じます」(26歳・男性)

男性に負担をかけないように自分の希望を言わなかったり、緊張して口数が少なくなってしまうこともあるのではないでしょうか。

でも、男性にとって「反応の薄い女子」は「無意味にキレて不機嫌になる女子」と同じくらい怖い存在。

女子が楽しめないのは自分のせいと受け取る人も多いので、いたたまれない気持ちになるのだそう。思ったことは口にしていきましょう。

非常識

「ものを知らない系の非常識はまだいい。
でも、お店の人に態度が悪いとか、道行く女子を『あの子、ブスなのに彼氏はイケメン。不思議』とdisるとか……。

自分しか見えてなくて結果的に割り込みしたりする人はほんとに無理。
一緒にいて恥ずかしいし、『彼氏もなんとかしろよ』と思われてるだろうし、一緒にいたくない」(27歳・男性)

常識的なマナーが身についていなかったり、わがまますぎる言動を繰り返す女子は「一緒にいて恥ずかしい」と男性を困らせてしまいます。

他人にキツく当たらないのはもちろんですが、彼と自分のふたりの世界に没頭しすぎるのも「気遣いに欠ける」と思われることもあるので、周囲を見て行動したいものです。

ムリする

ムリする

「おごるって言ってるのに、ぴったり割り勘になるように一円単位でお金渡してきたり、手が当たったとかちょっとしたことで謝られたり……。
無理してる感のある女子は一緒にいると辛いですね。緊張感がすごい。
上司と部下になったみたいで、デートって感じじゃない。楽しくないよ」(30歳・男性)

彼に嫌われたくないあまり、お金を出すことにこだわったり、大したことじゃないのにペコペコ謝ったり……。

悪気はなくても、男性からは『こっちまで緊張してしまう」と不評な態度です。

自分がどう思われるかが最優先で、相手の気持ちを無視する態度は、どんなに可愛い女子でも魅力ゼロに。「二人で楽しむ」ことを心がけたいものです。

「しんどい」と思われたら次はない

「一緒にいてしんどい」と思う女子と、それ以上仲良くなりたい男性はいません。

どのケースも、自分のことしか考えていない女子に男性が振り回されている状態です。

「嫌われたくない」「よく思われたい」と、自分がどう見られるかばかり気にしないほうが、結果的に楽しいかもしれませんよ。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)