好きな女性に対しては、男性もさりげなく脈ありサインを出しているものです。

でも、わかりにくい場合もあるので、もしかしたら気づかないままの女性もいるのかもしれません。

そこで今回は、男性が出している「遠回しの脈ありサイン」を紹介します。

わかりにくっ!男性が出している「遠回しの脈ありサイン」

「行きたい場所」を言う

「『最近あの店が気になってて行ってみたいんだよね』って言って、なんとかデートにつなげようとすることはある。なかなかうまくいかないけど…」(29歳/男性/インストラクター)

「鎌倉までドライブしたい」「あのレストランに行ってみたい」「新しくできた○○に行きたい」。

そんな風に、会話の中でさりげなく行きたい場所を伝えてくるのは、「一緒に行かない?」という気持ちが隠されている可能性が高いです。

「私も行ってみたいと思ってた」と返してあげたら、そのまま一緒に行く流れを作りやすくなりますよ。

やたらと「心配」をする

「好きな女性のことは、とにかく心配で心配で仕方がなくなります。うまくやれているか、変なことに巻き込まれていないかと、気にしてしまう」(31歳/男性/音楽関係)

「心配をする」というのは、大事に思っている本当に好きな人にしか取らない行為。

男性がちょっとしたことまで細かく心配をしてくることが増えたのなら、それだけあなたへの「好き」という気持ちが大きくなっているのでしょう。

また、ピンチに陥ったときに、誰よりも早く「大丈夫か?」と声をかけてきて手を差し伸べてくれるのなら、いつもあなたのことを見ている証拠ですよ。

急に「真剣なトーン」になる

「やっぱり好きな子の前ではカッコつけてしまうというか、真面目な部分も見せようとしてしまいます。ふざけてばかりじゃダメかなって」(28歳/男性/WEBデザイナー)

好きな女性の前では、男性はカッコイイ姿やきちんとした部分を見せようとするもの。

何気ない会話をしている中で、急に真剣なトーンで語りだしたり、いいアドバイスを送ってきたりするのは、まさにそういった思いの表れでしょう。

特に、2人きりになったときに、いつもとはちょっと違う真剣な一面を見せてくる場合は、かなりあなたのことを意識しているはずですよ。

LINEが「終わらない」

「本命の女性とLINEをしているときは、いつまでもずっと続けていたい気持ちになります。それくらいドキドキして楽しい時間ですね」(31歳/男性/公務員)

男性の遠回しの脈ありサインは、LINEでのやり取りの中で意外と多く見られます。

中でも、「自分からはLINEを終わらせようとしない」というのは、その典型とも言えるかも。

別に大事な話をしているわけではないのに、いつまでも会話を終わらせないのは、あなたと少しでも長くつながっていたいという思いがあるからでしょう。

おわりに

ちょっと遠回しではあっても、男性もそれとなく愛情表現はしているものです。

その思いにちゃんと応えてあげることが、ふたりの関係性を深めていく大きなきっかけになりますよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)