彼氏ができても長く続かないとか、男性と仲良くなってもすぐに飽きられてしまうとう悩みを抱えている女性もいるでしょう。

もしかしたら、考え方や言動を少し変えてみると、すぐに飽きられるのを防ぐことができるかもしれません。

そこで今回は、男性から「飽きられる」のが早い原因を紹介します。

飛ばしすぎてるかも?男性から「飽きられる」のが早い原因

一方的に「飛ばしすぎている」

「関係が築けていない段階から、あまりにもガンガン来られると、さすがに引いてしまう」(26歳/男性/通信関係)

「好き」という気持ちを前面に出すのは悪いことではないですが、一方的な状態になるのは危険。

あまりにものめり込みすぎて依存状態のようになると、男性は気持ちがサーッと冷めて逃げ出したくなるはずです。

相手とのバランスも考えて、一方的ではなく一緒に愛を育んでいくようにすると、いつまでも長続きする恋愛ができますよ。

まったく「変化」がない

「ルーティンみたいな行動がワンパターンで変化だと、飽きてきてしまう。時には新しいことに挑戦したり、刺激を取り入れたりした方が恋心は冷めにくくなると思う」(30歳/男性/IT)

ファッションやメイク、髪型、デートで行く場所や休日の過ごし方、会話の内容などがワンパターンになりがち。

でも、まったく変化がないと、男性もさすがに飽きてくるものです。

いつもとは違う自分の姿を見せたり、ふたりでやったことがないことにチャレンジしてみたりして、多少は変化を取り入れるようにすると、新たな刺激にドキッとできるでしょう。

いつも「反応」が薄い

「あんまり反応を示してくれない女性とは、一緒にいてもテンションが上がりにくいです。どうしたらいいのかわからなくなるというのが、正直なところです」(28歳/男性/営業)

一緒にいるときに反応が薄いと、「俺といても楽しくないのかな?」と男性は思ってしまうことでしょう。

それでは男性だってテンションが上がらないでしょうから、結局は「もういいや」と飽きられてしまうだけ。

すべてに大げさに反応をする必要はないので、楽しさやうれしさはちゃんと表現するようにすると、男性を不安にさせるようなことはなくなりますよ。

細かく「詮索」する

「色々と詮索をされると、『いい加減にしてくれよ』と嫌気がさす。それが一緒にいたくないという考えにつながっていく」(33歳/男性/商社)

好きな男性のことはなんでも知りたくなるものでしょうが、いちいち細かく詮索をし出したら、確実に重荷に思われてしまいます。

重い女性と一緒にいると、息苦しさや窮屈さを強く感じて、男性は疲弊していく一方。

その疲れは飽きを生む大きな要因になるので、詮索や干渉はほどほどにしないと、いつまでも長く続く恋愛はできないですよ。

おわりに

すぐに飽きられてしまうことが多い場合は、どこかにその原因があるはずです。

それに気づくことができれば、恋愛の形もきっと大きく変わってくることでしょう。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)