男性は本命女性に対しては、ほかの女性たちとは違った言動や態度を見せるものです。

それはLINEを送る際にも起こるので、本気のサインを見抜くポイントにもなります。

今回は、男性が「本命女性」に見せるLINEでの言動を紹介します。

好きだから…男性が「本命女性」に見せるLINEでの言動

「他愛ない内容」でも広げる

「好きな女性とのLINEならば、どんな話だって楽しい。なので、会話を少しでも広げて、たくさんラリーが続くように頑張りますね」(27歳/男性/医療関係)

男性が話を広げようとするのなら、あなたとのやりとりに前のめりになっている証拠。

自分の興味がある話題だけではなく、どうってことない他愛のない話でも広げて膨らませてくれる場合は、あなたと話していることがうれしくて仕方ないのでしょう。

ただ、あまりにも長々とLINEを続けると、さすがに苦痛も生じ始めるはずなので、ひと盛り上がりしたくらいで切り上げたほうが、「また話したい」と思ってもらえますよ。

ちゃんと「答える」

「本命の女性とのLINEだったら、やっぱり気合いも入ります。適当にあしらったりしないで、ちゃんと返信をしようという気持ちになる」(32歳/男性/アパレル)

本命の女性に対しては、間違ってもぞんざいな扱いはしないもの。

それはLINEでのやり取りでも同じなので、できるだけちゃんとした返信をしようと心がけるはずです。

「うん」とか「へぇ」といった適当な相づちではなく、常に丁寧に文章で返してくれるのなら、片手間でなく真剣に会話を楽しんでくれているのでしょう。

「些細なこと」でもLINEをしてくる

「どんなことでもいいので、LINEを送るための理由を探します。そうでもしないと、なかなか話せるチャンスがないですからね」(28歳/男性/出版)

男性は本気で好きな女性とは、なんとかしてLINEをする機会を持ちたいと考えるもの。

そのため、ものすごく些細なことでも、それを無理やり用件にして、LINEを送ることもあります。

わざわざ聞くようなことでもない内容のLINEを送ってくることが多い男性は、とにかくあなたと会話をするためのきっかけを必死に作り出しているのでしょう。

ときに「真剣な話」をする

「本命の前だと、カッコつけちゃう自分がいます。なんか真面目な話とかをしちゃって、あとから後悔しちゃうこともありますね…」(31歳/男性/自営業)

真剣な姿や熱い一面を男性が見せるのは、あなたへのアピールのひとつ。

特に、2人きりのときには、そういったアピールのスイッチも入りやすいので、LINEで真剣な話をし始めるのもカッコイイところを見せようとしているのでしょう。

あなたもその男性に気があるのなら、真剣な話をしているときには、変にちゃちゃを入れたりしないで、最後まできちんと耳を傾けてあげてくださいね。

おわりに

適当ではなくきちんとした返信をしてくれる。それが本命の女性とのLINEで男性が見せる本気の証拠です。

本気で好きだからこそ、軽く流すようなことはできないのでしょう。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)