一緒にいて居心地がいいかどうかは、恋愛左右する大事なポイントです。

居心地が悪いと思われたら、それ以上関係性を発展させるのは難しくなってしまうでしょう。

そこで今回は、男性が「居心地が悪い」と感じる女性の特徴を紹介します。

一緒にいたくない…男性が「居心地が悪い」と感じる女性の特徴

「独占欲」が強い

「独占欲が強い女の子って、なんかちょっと怖いところがあるんですよね。深入りするとやばい感じがするから、そこだけは気をつけてます」(29歳/男性/通信関係)

好きな男性ができたら、自分ひとりのものにしたいという気持ちが芽生えるかもしれません。

でも、それを本当に実行してしまうと、男性は窮屈に感じて、あなたとは距離を置こうと考えるもの。

ほかの女性と楽しそうにしていただけで嫉妬をしたり、男性のすべてを把握しようとしたりする女性に、居心地の良さを感じる男性はまずいませんよ。

「異なる意見」を認めない

「違う意見とか反対の意見を言うと、すぐに不機嫌になる女の子はめんどくさいかな。別に否定をしているわけではないのに」(32歳/男性/広告代理店)

自分がこうだと思っている意見に、必ずしも相手の男性も同意してくれるとは限りません。

そういったときに、あからさまに不機嫌になったら、男性はどうしたらいいのかわからなくなるはず。

色々な考えがあって当然なので、ふたりで話し合いながら決めていくことを楽しめるようになったら、最高の関係性を作り出せるでしょう。

自分を「飾りすぎている」

「ずっと気取った感じの姿を見せられると、こっちまで気を緩められなくなる。それだと疲れてしまうので、居心地の良さは感じられないです」(30歳/男性/自営業)

好きな男性の前では、少しでも自分を良く見せようとするものでしょう。

でも、自分を飾りすぎて気を張った状態で常にいたら、相手をする男性もリラックスした素の自分を出せなくなるかも。

等身大の自分を見せ合えるのが居心地のいい関係性なので、徐々にでも飾らない部分を出していかないと、いつまでも距離は縮まらないですよ。

人の話を「聞かない」

「話をちゃんと聞いてくれない女性と一緒にいても、何も楽しくない。そのくせ、自分はひたすらベラベラとしゃべり続けますからね」(33歳/男性/映像関係)

男性が居心地の悪さを感じる最も大きな要因は、コミュニケーションが上手に取れないこと。

楽しく会話をできない女性と一緒にいても、「しんどいな」といった気持ちにしかならないでしょう。

自分の話ばかりをするのではなく、相手の話を最後までちゃんと聞くという考えも持っておかないと、男性は近づいてきてくれなくなりますよ。

おわりに

相手の気持ちを考えるという思いを忘れずに常に持っていれば、居心地の良さを作り出すことができます。

それはいい関係性を築いていくための、一番大切な心得でもありますよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)