好きな人と連絡をとっているときって、1日に何度も、返信がきているかチェックしてしまいますよね。

だからこそ、なかなか返信がこないときの不安と悲しみは、とっても大きいもの。「どうして返信してくれないの?」「催促してもいいのかな?」と、悩むと思います。

そこで今回は、返信してくれない男性の心理を3パターンに分けて解説!パターンごとに、どんなふうに返信を催促すべきかもご紹介します。

催促していいの?返信してくれない男性の心理

心理①うっかり忘れていた

仕事が忙しかったり、他のことに夢中になっていたりで、うっかり返信を忘れてしまう男性もいます。

会話が弾んでいたのに、中途半端なところで返信がこなくなってしまった場合は、このケースが多いでしょう。

丸1日経っても返信がないようなら、「ちなみに私は〜って思ってるよ」など、話題を変えずにあなたからもう一文送ってみるといいですよ。

心理②会話がひと段落したので返信する必要がないと思った

なかなか共感できないかもしれませんが「用がなければ連絡しない」と考えている男性は、意外と多いです。

あなたのLINEに返信しないのも、「一つの会話が終わったな。また用ができたら連絡しよう」くらいの気持ちかもしれません。

それまで特に違和感なく会話のラリーが続いており、区切りのいいところで返信がこなくなったのであれば、このケースに当てはまりそう。

丸1日経っても返信がないようなら、「ところで〜の話なんだけど」と、新たな話題を振ってみても大丈夫です。

③恋愛関係になりたくないので無視している

あなたと恋愛関係になるのを拒否する意図で、わざと返信していない場合もあります。

それまで来ていた返信も、丸1日以上空くことが多かったり、そっけない相づちだけで自分から質問してこなかったりで、不自然にテンポが悪いようなら、その可能性は大きいです。

あなた自身、「どうして返信がこないんだろう……」と思っているのは自分に対する建前で、実際には「これは脈ナシだろう」と、薄々気づいているんじゃないでしょうか。

彼を振り向かせたいからと、無視されているのにLINEを一方的に送り続けたら、嫌われてしまうリスクのほうが大きいので要注意。

直接会ったときに、好意を出しすぎないコミュニケーションをとることで、少しずつ距離を縮めていきましょう。

返信は丸1日待ってみよう!

彼からの返信がないと、たった数時間でも不安になってしまう気持ちはわかります。

でも、まずは丸1日待ってみて。焦って返信を催促してしまうと、たとえ彼があなたに好意を抱いていたとしても「ちょっと束縛気質?」「自分の時間を奪われそう」と、引かれてしまう可能性があります。

ゲームや読書、音楽鑑賞など、何か別のことをして気を紛らわせておくと、待っている時間の苦しさが軽減されますよ!

(オルカ/ライター)

(愛カツ編集部)