本命の女性のことは、男性はもちろん特別な存在として捉えているので、見せる態度や言動にはかなり気をつけるもの。

だからこそ、ちゃんと気遣いや思いやりのある行動を取ってくれない場合は、あなたには気がない可能性もあります。

そこで今回は、男性が本命女性には「しないこと」を紹介します。

こんな行動は取らない…男性が本命女性には「しないこと」

本命にはする「埋め合わせ」をしない

「興味がない女性に対しては、とにかく忙しいとだけ言って、かわすようにしています。結局はそれが一番うまく逃げられる方法なのは間違いないので……」(30歳/男性/映像制作)

「忙しい」と言われてしまったら、それ以上はもう何も言えなくなるのが普通です。

それがわかっているからこそ、興味のない女性や面倒に感じている女性には、「忙しい」という理由で逃げる男性は多いもの。

実際に忙しかったとしても、本命女性からのお誘いであったら代替案や埋め合わせの提案をするはずなので、そういった言動が見られないのなら、興味を持たれていないのかもしれません。

かなり「失礼なこと」を言ってくる

「ちゃんとしなきゃなって気をつけるのは、気になっている女性の前だけかもしれない。意識していない女性の前では、そんなスイッチが入らない」(29歳/男性/エンジニア)

本命の女性に対しては、「嫌われたくない」という思いが何よりも強く働きます。

そのため、失礼なことを言ってしまわないように、発言内容にはとりわけ気を使うはず。

馬鹿にしたり罵ったり、激しく否定をしたり、生々しい下ネタを言ったりしてくる男性は、あなたを大事な相手とは思っていない可能性が高いでしょう。

「ほかの女性」の話をする

「好きな女の子といるときに、ほかの女性の話は絶対にしないですね。というか、ほかの女性のことなんて、頭に浮かんでこなくなります」(32歳/男性/自営業)

好きな女性の前で、ほかの女性の話を長々とする男性はまずいません。

そんなことをしたら、その女性のことが気になっているのではないかと、変な誤解を与えてしまう危険性が大。

もし男性が自分からほかの女性の話をしてくるのなら、あなたのことは友達と思っていて、恋愛相談に乗ってもらおうとしているというケースもあり得ますよ。

「暇なとき」しか誘わない

「特に好意を抱いていない女性のことは、暇なときにしか誘わないかもしれません。ちょっと時間ができちゃったときに声をかける感じですね」(29歳/男性/広告代理店)

たまに誘ってはくれるものの、いつも急に声をかけてくるような男性は、あなたを本命視はしていないかも。

本命女性に対しては、ちゃんと予定を聞いて、相手の都合や状況を考え、それなりに計画を立ててから誘うのが普通です。

自分の都合だけで暇なときにだけ誘い出すのは、都合のいい相手に取る行動なので、気軽に応じすぎるのは危険な面もありますよ。

おわりに

最低限の思いやりが見られるかどうかは、男性の本心を見抜く大きなポイントです。

そういった配慮が感じられない男性は、やはりあなたに愛情は持っていないということなのでしょう。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)