自分の言動が原因で、本命彼女になれるチャンスを逃してしまった……。

こんなに残念なことはないですよね。

そうならないためにも、男性を冷めさせてしまうNG言動を、確認しておきましょう。

逆に好印象を与える言動も合わせてご紹介しますので、ぜひそちらもチェックしてくださいね!

「あの子いいな」が帳消し?男性を冷めさせるNG行動4つ

1.サイフを出さずご馳走様もナシ

「一緒に食事に行ったときのことです。食事中の会話は楽しかったんですが……。

食事が終わると、サイフを出す気配もなくて、おごってもらう気満々。会計後も『ごちそうさま』すらなくて、次はないなと思いました」(30歳・男性・医師)

たとえ相手がお金持ちでも、当然のような顔をしておごってもらうのはNG。

おごってもらったときは、必ず感謝の気持ちをこめて、「ごちそうさまでした」と伝えましょう。

お店の雰囲気や、食事の感想を詳しく伝えられたら、相手の男性も、また誘いたくなるはずです。

2.肌露出多めの写真を送ってくる

「明るくて人懐っこい、可愛い子でしたが、初デートの夜、LINEでNGな画像を送ってきたんです。

キャミソールに部屋着のショートパンツといった大胆に肌を露出した自撮り写真で、彼氏に送るならいいけど、付き合ってもいない男に送るのはどうなのでしょうか。申し訳ないですが、その写真1枚で信頼できなくなりました」(29歳・男性・スポーツインストラクター)

確かに女性からの自撮りは、嬉しいこともありますが、距離感を間違えると逆効果。

彼氏なら喜んでくれる写真でも、付き合ってもいない男性に送ってしまうと、「誰にでもこんな写真を送っているんじゃ……」と思われるかもしれません。

基本的に、自撮りを送るのは付き合ってから。

お互いの信頼関係を築いてからがおすすめです。

3.デート後のSNSで他の異性とイチャイチャ

「デートは楽しかったんです。でも、デート後にその子のSNSを見ると、他の男性とイチャイチャのようなやりとりをしていて……。

まるで、自分とのデートなんてなかったことのようでした。考えすぎかもしれませんが、遊ばれているかもと不安になって、冷めてしまいましたね」(25歳・男性・公務員)

付き合う前や付き合った後も、相手のSNSを見るべきか否かは、意見の分かれるところ。

ただ、相手の男性が見ている、いないに関わらず、誠意をもって信頼関係を築こうとする姿勢は大切かもしれませんね。

少なくとも、相手が見ているところでは、不快にさせないように気遣いが必要です。

4.夜更かしやお酒など不摂生が過ぎる

「お酒好きなのは可愛いと思いますが、飲みすぎてベロベロになっていたのが、かなりマイナスな印象でした……。

美人で綺麗な人だけに、夜通し飲んでいるんでしょうね」(33歳・男性・作家)

自分自身を大切にしている女性が、魅力的に見えるのは確かです。

健康に悪影響を及ぼす習慣は、きちんと自制したほうが、結果的に男性に良い印象を与えるでしょう。

普段の言動から信頼できる女性に

会話中の雰囲気がいい、楽しいデートができた、という実感があるほど、本格交際の可能性は高くなるものです。

その可能性を失わないように、普段から自分も他人も大切にしましょう。

優しく誠実な言動を心がけていれば、それもまた魅力のひとつになるはずです。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)