今や毎日欠かすことをなく使うアプリといえば、「LINE」でしょう。相手が読んだかどうか分かりますし、テンポよくメッセージのやりとりを出来るLINEは、恋にも必要不可欠です。

しかし、みんなが思いつくアプローチ方法だからこそ、一手間加えないと男性の心を射止めることは難しいのも事実。

今回は、“男性が喜ぶLINE”を紹介しましょう。

男性が「ハンパなく嬉しい」と思うLINE4選

サプライズでギフトが送られてくる

「LINEのギフトの機能を使って、行きつけの喫茶店のチケットをくれたときは“わかってくれてる〜”とテンションあがりました。

プレゼントは無条件に嬉しいものなので、送られてきて嫌な男性はいないと思います。お礼もいうと思うし、テンション上がって会話も弾むはず」(Aさん・29歳男性/SE)

プレゼント作戦で距離を縮めるのもおすすめです。

男性からみて分かりやすい会話のネタを探すことで、LINEのラリーも続きやすくなります。

好きな男性のLINEをよく記憶しておくと、いざサプライズする時に送りやすいかもしれませんね。

男性の好きなものを覚えるためにLINEの機能にある“ノート”にまとめておくと、「僕のことを理解してくれようとしている」と彼も感動するかもしれません。

絵文字は一つの文章に1個まで

「絵文字があまりにもキラキラしていると、ちょっと気合入りすぎている感じが重く感じます。一つの文に当たり障りない絵文字が一個ついているだけで気持ちは伝わる! 

LINEだとスタンプを使うのが主流なので、あまり他の女性が使わないような顔文字でもグッときます」(Wさん・28歳男性/弁護士)

あまりに気合の入ったLINEは、異性として「重い」と思われてしまうかもしれません。

肩肘を張っていないようなLINEがいいでしょう。

他の女性も送りそうなモテに効果的なスタンプは埋もれてしまう可能性があります。たまには個性的な顔文字を使ってみるのもいいですね。

1日の始まりはエールが届く

「1日の始まりに『おはよう』とくれる女性って意外といるけど、『今日の仕事はどこまで? 気をつけてね』みたいなLINEをくれる子ってあんまりいない。

出勤時間についつい愚痴のLINEを送っちゃうくらい、見守られている感じが癒されます。そんな愚痴を送っても

『そうだよね。働くのって大変だよね。私も仕事やだ』と送られてくると、すでに彼女なんじゃないかと錯覚しちゃう(笑)」(Iさん・33歳男性/経理)

他の女性が送りそうなLINEをあえて避けて、一歩踏み込んだ会話にしてみましょう。

誰だって頑張っていることを応援されたら嬉しくなりますよね。

彼の話していたことを深く掘り下げて話すようにすると、トークも盛り上がるでしょう。

理由をつけて会いたがる

「LINEは結局、ネットなので相手の声のニュアンスとか表情を読み取れないじゃないですか。だから『お土産買ってきた』ときたかと思えば

『今度会おう』みたいな、デートにステップアップしてくれるようなLINEは分かりやすいアプローチで好きです。

『ここのレストラン美味しかったから、今度行こうよ』とか、他愛もない話でも目的が理解できるメッセージをくれると男は分かりやすいです」(Mさん・21歳男性/大学生)

男性からしたら、分かりやすいアプローチも嬉しいときがあります。

恋愛モードが前面に出されたアプローチは引いてしまっても、徐々に距離を詰めてくれるメッセージは嬉しいものですよね。

「自分のことを知ってくれよようとしている」という、その姿勢が男性をドキドキさせるのです。

男性が嬉しいLINEは特別感にかかっている

男性が送られてくると嬉しいLINEにするためには、特別感を演出することが大事なのです。

どんな女性でも思いつくようなメッセージより、「この子は俺のことが好きなんだな」と一生懸命さが伝わるようなメッセージで勝負しましょう。

思いやり溢れる、素敵なメッセージを送信すれば彼もあなたに夢中になるはずですよ。

(東城ゆず/ライター)

(愛カツ編集部)