恋愛においてもその他の人間関係においても、男性が傷つく言葉は共通しています。

女性にとっては何気ない言葉が、知らず知らずのうちに男心にヒビを入れてしまっていることも……。

男性との関係を進展させたいなら、誤解されそうな言動は控えるようにしましょう。

今回は、男性に言ってはいけないNGワード5選についてご紹介します。

気をつけて!男性に言ってはいけないNGワード5選

「自分でやるから大丈夫だよ」

男性からの申し出に遠慮してしまうことはありませんか?

例えば重い物を持ってくれようとしたり、難しい作業を手伝ってくれようとしたりするときなど。

「自分でやるから大丈夫だよ」と言うのは実はNGなんです。

もちろん遠慮する気持ちは分かりますが、喜んでその申し出を受け入れて頼ったほうが男性のプライドを満たせるでしょう。

「自分でやるから大丈夫だよ」と言ってしまうと「俺って頼りにならないのかな……」と内心落ち込んでしまうのが男心というもの。

少し極端に言うと「俺はこの子を幸せにする能力がないんだ」と受け取ってしまう男性も中にはいます。

「そんなこともできないの?」

好きな子を喜ばせようとして悩み相談に乗ったり、仕事で困ってることを手伝ってあげたりする男性は多いです。

でもその出来が悪かったときに、「何これ!そんなこともできないの?もういい。私がやるから」と言われたら、プライドが傷ついてしまいます。

男性の面子を潰しかねないワードですので使わないように注意しましょう。

どうしても言いたいときは「手伝ってくれたの?嬉しい!ありがとう」と伝えた後に「今度はもうちょっとこうしてくれたら嬉しいな」と返すのがベスト◎

恋愛でも仕事でも伝え方はとても重要ですので気をつけてくださいね。

「〜くんはもっと稼いでるよね」

多くの男性は競争社会の中で生きています。

元彼はもちろん、他の男性と比較するような発言はNG。

特に収入に関することを言われるのは1番と言っても過言ではないくらい傷つくかも。

他の男性のことを褒めたり、他人の彼女がその彼氏にやってもらったことを羨ましがったりするのは、できるだけやらないほうが良いでしょう。

もし言ってしまったとしても「でもあなたが1番好きだよ」とフォローを入れることが大切ですよ。

「男のくせに」

「男のくせに気が小さい」
「男なんだからもっと堂々として」

このような発言は真正面から男性のプライドを傷つけているようなもの……。

自分のことを全否定されているような気分になる男性も多いです。

ちょっと言い方を変えて「自信をつけるとさらに男らしくなるよ」などと伝えてあげましょう。

「普段も男らしいけど、ここを変えるともっと男らしくなれるよ」というニュアンスを込めるのがポイントです。

「それって大丈夫なの?」

男性が一生懸命やっていることや、これから始める新しい取り組みに対して「それって大丈夫?」と心配してアドバイスをしようとした経験はありませんか?

これは少し難しい問題なのですが、実は知らず知らずのうちに男性のプライドを傷つけていることがあるんです。

女性からすると単純に心配して相手のためを思ってアドバイスをしているはず。

でも男性は女性から心配されたり世話を焼かれると「あなたにはそんなこと無理でしょ」と聞こえてしまいます。

「この子は俺の能力を信頼してくれてない」と捉えられる可能性が高いのです。

「あなたならきっと大丈夫よ」と信頼して背中を押してくれること。これが男性が求めていることなのかもしれません。

おわりに

自分では気にしないで言っている言葉が相手を傷つけている場合もあります。

気になる男性との距離を縮めたいなら、今回ご紹介したNGワードを言わないように気をつけていきましょう。

(阿部田美帆/ライター)

(愛カツ編集部)