お泊りデートは、大好きな彼とさらに仲良くなれるチャンス。

ところが、場合によってはマイナスな印象を与えてしまうこともあるようです……。

今回は彼の家に泊まる場合を想定して、ラブラブでいるための注意点を5つご紹介していきます。

安心してお泊りデートが楽しめるように、ぜひ意識してみましょう。

気をつけないと彼の気持ちが冷める!お泊りデートの注意点

ムダ毛はあらかじめ処理

ムダ毛はあらかじめ自分の家で処理しておきましょう。

こっそりと隠れてムダ毛処理しようとしても、万が一見られてしまったら、彼も興ざめします。

「伸びてくるのが心配」という場合、お泊りする日の朝や家を出る前などに済ませておくことがおすすめ。

また、剃り残しを見つけた時のために、予備でシェーバーや毛抜きを持っていくといいかもしれません。

一度剃り残しに気付くと「バレないかな……」とグルグル考えてしまうため、安心するためにもコンパクトなものをポーチに入れて用意しておきましょう。

部屋を詮索しない

好きな人の住んでいる部屋となると、いろいろと気になってしまいますよね。

しかし「部屋を詮索されるのは嫌だ」と感じる男性が多いため、グッと堪えて落ち着いた振る舞いをしましょう。

キョロキョロと見渡すのもあまり印象が良くないようです。物を勝手に触るのはとくにNG。

「プライベートに踏み込みすぎないでほしい」「エッチなグッズを隠してあるから覗かないでほしい」など、いろいろな理由から焦らせてしまいます。

しまいには「もう二度と呼びたくない」とか、「はあ、もう一緒にいられない……」と思われるかもしれませんよ。

むやみに指摘やアドバイスをしない

「掃除が行き届いていない」「家具のサイズがちぐはぐ」「収納を工夫していない」など、女性からすると気になる部分が見つかるかもしれません。

しかし、そのまま指摘やアドバイスをするのは危険です。

どんなに筋が通っていても、男性からすると「文句があるなら泊まらなければいいじゃん」と思えてきます。

男性から求めていないのにアドバイスしても、お節介だと思われてしまうのです。

「前の彼女の歯ブラシがある」「女性の化粧品がある」など、伝えないと関係性に亀裂が入るものだけ話題にしましょう。

必要な持ち物を忘れない

お泊りに必要な持ち物を忘れると、急遽コンビニに行ったりバタバタしてしまい、せっかくのムードが崩れます。一緒に過ごせる時間が削られて、残念な気持ちになるかもしれません。

それを避けるためにも、必要な持ち物はあらかじめ前日に用意しておくことがおすすめ。

「着替え(パジャマ・下着・翌日の服)」「スキンケア用品」「化粧品」「鏡」「ヘアアイロン」「スタイリング剤」「歯ブラシ」「ブレスケア」「充電器」「生理用ナプキン」などなど。

どんな状況でも大丈夫なように、ある程度のものをそろえておくと安心です。

メイクはきちんと落とそう

彼氏に初めてすっぴんを見せる時は勇気が要りますよね……。

普段メイクを頑張っている女性ほど、「見せたくない」「嫌われないか怖い」と感じるのではないでしょうか。

すっぴんは隠さず見せた方がベター。

後で必ず本当のすっぴんを見せるタイミングが訪れるため、バレたときに悪いギャップになってしまいます。

ラブラブな恋愛初期に見せた方が、男性側も受け入れてくれやすいでしょう。

もし不安なら、夜に使用してもOKなコスメで毛穴をぼかしたり、顔色を整える程度にしましょう。

また、色付きリップで唇に血色を与えると、顔全体が健康的に見えますよ。

お泊りデートを思いっきり楽しんで!

しっかりと準備をしたら、あとはお泊りデートを心から楽しむだけ。

お家で過ごす時間は「もし同棲したら」「もし結婚したら」という想像を膨らませ、より一歩進んだ関係性に導いてくれます。

「すっぴんにパジャマ」という自然体の姿は、男性からするとかなりキュンキュンするシチュエーションみたい。

ぜひ素の自分を見せて魅了しましょう。

(岡あい/ライター)

(愛カツ編集部)