仲良くなるにはまず会話が重要ですよね。

しかし、男性が「つまらないな……」と思いながら話を聞いているケースも少なくないみたいです。

そこで今回は、どんな話題がNGなのか調査してみました。男性目線で楽しめる会話をするために、ぜひ活用してみましょう。

男性が内心「つまらない」と思っている女性との会話って?

共通点のない話

「職場の同僚の話とか、知らない友人の話とか……。
興味ないけど彼女が楽しそうだから適当に合わせています」(30代/自営業)

知らない誰かに関する話題や、女性特有のスキンケア事情など、共感しづらい話題ばかりだと男性は退屈します。

女性の多くは自分の関心のある事柄を「シェアしたい」と思う心理があるものですが、特定の話題ばかりだと、男性を置いてけぼりにしやすいのも事実。

男性の前ではお互いが興味のある話題をメインにしましょう。共通点が多ければ多いほど、恋愛に発展しやすくなりますよ。

共通点が分からないときは、男性のリアクションを見ながら質問したり話題を振るステップが必要です。

ストレートに「休日は何してるの?」「今ハマってるものとかはある?」と聞いて探っていきましょう。

近況報告や噂話

「結局、何を伝えたいのか分からなくて……。
ダラダラとオチのない話をするのは苦手です」(20代/公務員)

女性の多くは、あまりオチを考えず長く話す傾向があります。

これはコミュニケーションを取っていることに喜びを感じるため、なのですが……男性は女性に比べてとても理論的。

「オチは何?」「で、何が言いたいの?」と結論を求めてしまうところがあります。

この違いを理解したうえで、男性と会話するときは結論から話すことがおすすめ。

また、分かりやすく「〇〇が楽しかった」「〇〇が好きなんだ」と表現しましょう。

いくつもの情報を並べると、男性は何に共感してほしいのか分からなくなりますので、一つずつに絞って話してあげるといいのかもしれません。

男性の発言とマッチしない

「質問をはぐらかされたり、全然関係のない話題で返されると、シンプルにイライラします……」(30代/経理)

女友達と話しているときに、会話がどんどんと展開していくこと……ありませんか?

これ、男性からすると「話が飛びすぎ」「ついて行けない」と感じやすいよう。

男性と会話するときはとくに「質問に対する答えになっていない」などは嫌がられやすいです。

自分の話をした後には「〇〇君は?」と聞き返したり、同じ話題をさらに深堀りしたりなど、「一つの話題」に集中することも必要になってくるでしょう。

一方的に話しすぎると男性の発言する隙がなくなるため、程よく間を作って聞き手に回ることがポイントです。

自分の話にすり替えちゃう

「せっかく自分のことを話したのに被せてきたから、もう二度と話したくないなって感じちゃいました。
『そうなんだ』とか言えばいいのに……」(20代/美容師)

男性の話に対して「私もこの前……」と話を被せて、自分の話にすり替えてしまったことはありませんか?

これも、あまりよくないみたいです。男性は共感された気分になれず、“マウント”と受け取ることすらあるでしょう。

「私も〇〇なの」と話すと仲間意識が芽生えているようにも感じられますが、相手からすると自分のことばかり話している印象を受けます。

男性が話したい様子なら、「そうなんだ」「なるほど」「すごいね」と相槌を打ちって、まずは聞き役に徹することが大切です。

一緒に楽しめる話題を選ぼう

前述したように女性は「コミュニケーションを取ること」自体を目的にしますが、男性は話題そのものを深く考えるため、関心の高い話題であることが大切です。

「自分が楽しいかどうか」だけを優先すると、ギャップが開きやすくなります。

気になる男性と会話する時には、一緒に楽しめそうな話題を選ぶようにしましょう。

また、男性の性格によって「自分が話したい」「相手に話してほしい」などが異なります。彼の性格に合わせて立ち回りを変えましょう。

(岡あい/ライター)

(愛カツ編集部)