お互いいい歳なのに、なかなか彼がプロポーズしてくれないとモヤモヤしますよね。

自分から「私、〇歳までに結婚したい!」とストレートに言えない場合は、彼に結婚を意識してもらうべく、きっかけを作る必要があります。

そこで今回は、彼氏に結婚を意識させるテクニックを紹介します!

なかなか決めてくれない…彼氏に結婚を意識させるにはコレが効く!

あなたと一緒にいて幸せ!というのを彼に示す

男性は、自分の力で彼女を幸せにすることに喜びを感じる傾向があります。

彼と一緒にいるときは全力で楽しんだり、「一緒にいると幸せだし、前向きになれる」と、彼の存在の大きさを伝えたりするのも大事!

喜んでくれる女性と一緒にいると、男性のほうが離れられなくなるのです。

そんな彼女だと、他の男に取られたくない気持ちも強くなり、「プロポーズしよう!」と勇気が湧いたりします。

彼と一緒にいるときに、彼の存在の大きさを言葉や行動で伝える機会を増やすと、結婚を意識してくれる可能性は高くなるでしょう。

彼の一番の理解者になって、どんなときも支える

男性は、責任感が強い人が多く、あまり頼ることをせず、ひとりでどうにかしようとしがちです。

そんな彼らは、真面目な性格から、結婚を重く考えてしまう傾向があります。

もちろん、結婚には責任が伴います。ですが、「不自由させないように稼がなきゃ」「俺がしっかりしなきゃ」と、現実よりも重く考えている男性も多いようなのです。

そんな気持ちを少しでも軽くさせてあげられれば、きっと彼もあなたと結婚を考えるはず。

普段から彼の一番の理解者になり、会話の流れで、「どんな時でも支える」と伝えるよう意識するといいでしょう。

そうすれば彼も「この子となら、この先も一緒にやっていける!」と自信がつき、結婚も前向きに考えられますよ。

彼と一緒に友人の結婚祝い等に参加する

結婚を意識させるために、結婚をして幸せそうなカップルを彼に見せるのもひとつの方法です。

とはいえ、友人の結婚式に招待されていないと、彼氏は連れていくのは難しいですよね。

なので、結婚が決まった友人カップルを祝う、内輪だけのだけの飲み会や、結婚式の二次会に彼氏を同伴させてもらったりして、友人カップルの幸せに触れさせてみるのもいいでしょう。

幸せそうな二人を見て、「結婚っていいなぁ」と思いはじめる可能性は高まりますよ。

結婚したくなるよう導く!

彼女に「この子となら結婚もいいな」と思えるようになったら、男性も結婚を具体的に考えはじめます。

なかなか結婚を決意しない彼に、「早く結婚して!」と圧をかけるよりも、彼が結婚したくなるよう状況へと導いたほうがスムーズに進むものです。

男性は、結婚するかしないかは自分で決めたいと思っている傾向がありますので、今回ご紹介した内容を参考に、彼を上手に導いてくださいね。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)