自分の母親の若い頃の恋愛話を聞けば、どこか非現実的に思えます。

分かりやすく口説かれてみたいのは、女性なら誰でも思う願望の一つですよね。しかし、現代の男性だって本当に好きな女性には、一生懸命アプローチをしているものです。

そんな些細な男性の好意のサインを見落とさないことが、幸せな恋愛を手に入れるキーポイントであることは確かと思えます。

今回は「付き合いたい」と思ったときに男性が使うフレーズを4つ紹介しましょう。

「運命の人だ…」男性が付き合いたい相手に使うフレーズ

「彼氏いる?」

「ふと『彼氏いる?』と聞いてくる人は、ほとんど脈ありだと思う。どうでもいい女性なら、彼氏の有無なんて気にならないと思うから。実際に『いない』と答えたあとに『じゃあ付き合ってよ』と言われたことがあります」(Uさん・21歳女性/事務)

王道なこのフレーズも、答え方一つで恋の発展度合いが違います。

「どう思う?」と聞くのか「いない」と潔く明かしてしまうのか、いずれにしても「なんでそんなことを聞いたの?」という質問はマスト。

彼が急に真面目な顔をして、本音を漏らしてくれるかもしれませんよ。

「いつも休日何しているの?」

「同じ職場の男性に『休日何してるの?』と聞かれたことがあります。毎週のように聞かれるので『今度、一緒に〜に行きますか』と言ったところ、嬉しそうに即答。デートに誘い出したかったようです」(Mさん・29歳女性/IT関連)

仕事以外のあなたの一面に、さらに深い関わりを持ってくる男性がいるとしたら、それは好意のサインかも。

その会話をきっかけにデートに誘ってみることで、二人の仲は急接近するでしょう。

彼に「いつも休日何してる?」と聞き返してみると、思わぬ相性の合致があることも……!

「いつもどのくらいに仕事終わる?」

好きサインが出ている会話は?

「幼なじみの男性が、卒業と同時に地方に行ってしまいLINEだけの仲でした。半年経った時に『仕事何時に終わるの?』とLINEが来て、素直に答えたらそれから毎日のように仕事終わりに電話が(笑)分かりやすいところが好き」(Aさん・23歳女性/アルバイト)

仕事中にアプローチをするのは、社会人の御法度。

仕事を生きがいにしている男性が多いからこそ、女性の仕事ぶりを尋ねる男性もいるようです。たまには、さらに掘り下げて「なんか話したいことでもあった?」と、とぼけて聞いてみるのもいいでしょう。

「特にないんだけど……」と彼が言葉に詰まる様子がみられたら、それは好意のサインかもしれません。

「一緒にいると落ち着く」

「好きな男性といい感じの雰囲気になったときに『一緒にいると落ち着く』と言われたので『落ち着いちゃうの?』と聞いたら、顔を真っ赤にしてました。好意が露わにするのは、苦手な男性が多いみたい」(Iさん・32歳女性/看護師)

遠巻きに「特別な存在だよ」と匂わす言葉を言いたいことはあっても、男性は素直に口にすることが難しいことがあります。

男性がよく使う「特別サイン」としては、「一緒にいると落ち着く」というフレーズがあるようです。リラックスできる、自然体で過ごせる相手として認識されているので喜んでもいいセリフ。

これだけ男性の草食化が進んだ今では「一緒にいると友達のように楽」と言うセリフも落ち込む必要はないのかもしれませんね。

「付き合いたい」と言われなくても……?

面と向かって「付き合いたい」と言われることはなくても、実は会話の節々からみて取れる好意のサインがあるのかもしれません。

「自分はモテない」と言う女性ほど、実はモテていることに気づいてないことはよくある話なのです。

全ての男性が世の女性の思う口説き文句を使いこなせているとは限らないですよ。

(東城ゆず/ライター)

(愛カツ編集部)