恋愛関係において、「告白」は男女どちらがしてもいいはず。

ですが、「告白は男性からするもの」という風潮があることも事実。

好きな人がいる女性にとっては、実際に告白したらどう思われるのか……「引かれないかな」「嫌がられないかな」と不安に思って、なかなか告白できない女性は多いのではないでしょうか。

そこで今回は「女性からの告白」に対する男性の本音を聞いてみました。告白を迷った時の参考にしてみましょう。

告白したい?してほしい?男性に聞いた「女子からの告白」への本音

結果はどうであっても嬉しい

「『告白された』ということ自体が嬉しいです。
もし断ったとしても、嫌な気持ちにはなりません。」(20代/医療)

告白されること自体はほとんどの男性が嬉しいようです。

付き合うかどうかは別ですが、「誰かに好きになってもらえた」という事実が自信を与えてくれるのだとか。

そのため、もし振られてしまっても、ネガティブな感情を引きずる可能性は低いでしょう。

まだ恋愛経験が少ない男性だと、告白された時の対応が分からずに素っ気なくなるケースもあるかもしれません。

しかし、告白経験のある男性なら、女性側の気持ちが分かるからこそ簡単には無下にはしないはず。

嬉しいけど「言わせちゃった……」と思う

「いつも勇気が出せなくてチャンスを逃しがちなんです。
好きな人から告白されると、『本当は俺から告白しないといけないのに……』と申し訳なく思います」(20代/公務員)

好きな女性からの告白はもちろんOK。ところが、自分から告白しなかったことを後悔する男性もいるみたいです。

まずは告白しやすい雰囲気づくりが大切かもしれませんね。

二人きりのタイミングを作ったり、それとなく好意を匂わせたり、彼が「よし、告白しよう!」と思えるためのアプローチをしましょう。

いろいろ試してもダメな場合は、女性から告白した方が後悔がなくなります。

ほかに狙っている女の子がいたり、待っても全然進展しない場合は、思い切って告白してみましょう。

ちょっと気まずい……

「好きな子だったら嬉しいけど、断るとなると気まずいな……。傷つけるのを分かっていて振るって勇気が要るから。」(30代/IT)

これは男女に共通する心理かもしれません。

告白されたこと自体は嬉しくても、好意を向けてくれる相手を振ることは胸が痛むもの。心の中で「ごめんね」「申し訳ない」と思いながら断っている男性もいるようです。

もし告白して答えがNOだった場合、目の前で泣き崩れたり縋りつくと男性目線では困るでしょう。

彼の前だけでもグッと堪えて、離れた後や家に帰ったタイミングで、思いきり気持ちを吐き出しましょう。

勇気を出してくれたのが嬉しい

「きっと告白するまでにたくさん考えて、勇気を振り絞ってくれただろうから、素直に『ありがとう』と思います」(20代/販売)

普段、告白する側になりやすい男性は、女性から告白することへのハードルの高さを知っています。

勇気を出して告白してくれたことに、感謝を覚える男性が多いみたいです。

また、男性をこうした気持ちにさせる女性は、「好きです」「付き合ってください」とストレートに伝えています。

真っすぐ愛情を向けてくれるからこそ、男性の心が動かされるのでしょう。

ほとんどの男性は喜んでくれる

付き合えるかどうかは確証が持てなくても、ほとんどの男性が告白を喜んでくれるようです。

そのため、「告白したら嫌がられるかも」という不安については大丈夫。

前述したように、男性が告白しやすい雰囲気を作るアプローチも大切。女性からの好意を感じ取れれば、男性側も心の準備ができるかもしれません。

まずは好意を匂わせてみて、なかなか進展しない時は前向きな気持ちで告白に臨みましょう。

「振られたら怖い」という気持ちはどうしても湧き上がりますが、明るく振る舞った方が告白の印象も良くなるはずですよ。

(岡あい/ライター)

(愛カツ編集部)