男性からの「帰らせたくない」という思いをぶつけられるのは、憧れますよね。

「今日が終わってほしくない」「帰すのが嫌なくらい魅力的な女性」といったニュアンスを含んでいるのが、この言葉ですよね。

何回かデートを重ねたら、彼からのそんなキュンとする言葉を期待しますが、手応えがないと「私って魅力がないのかな」と落ち込むのも事実。

今回は、男性が「帰らせたくない」と言われる女性の特徴を掘り下げて紹介しましょう。

「帰らせたくない」男性がずっと一緒にいたいと思う女性って?

駆け引きも楽しめる

「駆け引きをしても効果がなかったり、彼がツレない様子だったりすると焦ります。でも彼がデートを思い出しているときのほうが好きになってもらいやすい。今日のデートの効果は2週間後くらいと気長に待つのも大事です」(Kさん・28歳女性/看護師)

駆け引きをしている本人が、その効果のほどをいちいち気にしているようでは疲れてしまいますよね。

人の気持ちは、コントロールが簡単にできるものではありません。自分がしてあげたいことを施したら、少し待ってみるのも恋愛のうちですよ。

二人の恋愛のペースを大事にする

「彼は男子校だったのでまともに交際したことがないようでした。人並みに交際経験がある私からすると、物足りない(笑)でも、彼のことが好きだから、恋愛セオリーは無視して、自分たちのペースで両思いになれたらと思ってます」(Aさん・30歳女性/弁護士)

恋愛は、一般的なセオリーより二人の温度感のほうが大切でしょう。

二人の恋愛のペースを大事にできるといいですね。人の恋愛の話を聞いてうらやましく思ったり、焦ったりする気持ちがあるときほど、目の前の彼との愛を慎重に育みましょう。

どんな男性も受け入れる余裕がある

「付き合っていない段階だと、本音を打ち明けにくい。デートがいまいちだったのは“実は体調が悪いなか来てくれた”というケースもあると思うし、ある程度悩んだら“次!”と切り替えることも大事」(Sさん・34歳女性/保育士)

いつも一定のテンションを維持するのは、社会人の恋愛ではなかなか難しいもの。

あなたは体調が万全で期待感いっぱいで挑んだデートだとしても、相手は違う場合もあります。

「好かれたい」という気持ちより「嫌われていないか」と緊張状態のが勝っているのかもしれません。様々な男性の背景を捉えられるような余裕を持ちたいですね。

「帰りたくないね」と言える女性が男性ウケする

「『今日は帰らせない』と言われることを期待するより、自分で『帰りたくない』と言ってもいいと思います。男性も同じ気持ちだったら、『そうだね』と同感してくれると思いますし、モヤモヤしているなら気持ちを伝えた方が健全」(Mさん・29歳女性/エンジニア)

いつも待っているだけの恋愛は、これからの時代に流行りません。

ほしい言葉は、自分から言わせてみるのもいいでしょう。そんな積極的なあなたを見て、彼はさらにドキッとしてくれるかもしれませんよ。

男性に好かれる女性象を掘り下げてみよう

男性が「帰らせたくない」と思う女性は、言い換えれば「男性がいつまでもそばにいてほしい女性」ということです。

男性に好かれる女性像を掘り下げて考えてみると、彼の本音も手に取るように分かるでしょう。

「私って彼のどんな存在なのかな」と自分の魅力のなさに落胆している女性より、「今日のデートも楽しかったな」と純粋な気持ちで恋愛を楽しめる女性の方が、案外男性の心を射止めているのかもしれません。

(東城ゆず/ライター)

(愛カツ編集部)