20代前半はそれなりに彼氏もいたけれど、アラサーをすぎてからあまりいい出会いがない……そんな悩みを抱えている人も多いでしょう。

でも、実は年齢を重ねるごとに内面が重視されるので、20代前半ではあまりモテなかった女性が、アラサーをすぎてから急に「愛され女性」になることもあるようです。

この違いは一体何なのでしょうか。

そこで今回は「いくつになってもモテる女性」についてご紹介します。

モテ期更新中!「いくつになっても愛される女性」ってどんな人?

自分の長所と短所を理解している人

「大人になるほどに、自分を客観視する力って大事になる。わかりやすいところで言うと、脚が綺麗だから出そうとか、自分はこの層にモテるからアプローチしようとか。

逆に長所を生かせなかったり、そもそも自分のよさを探す努力もせずに『どうせ私なんかモテないし』とグチったりしている子はモテないよね」(31歳/女性/IT)

こちらはいわゆる“ブランディング”と呼ばれるもの。自分を理解していれば、魅力を最大限に引き出せます。

逆に長所も短所もわからないと、いつまで経っても自分に自信が持てません。

それどころか幸せそうな他人を羨んで、ますます性格が悪くなってしまうかも。

まずは自己分析をしてみる。

そして自分を好きになることが、いくつになってもモテる秘訣かもしれませんね。

男性も完璧ではないと理解し、補い合える人

「若いと経験も浅いし、男性にある程度夢を見るのは仕方ないと思う。でもアラサーにもなって、些細なことで『幻滅した!』と騒いでいる子はちょっと……。

最初は好意を持っていた男性もいなくなりますよね」(33歳/女性/一般事務)

私たちだって彼が「女子は〜なはずだ!」と幻想ばかり押し付けてきたら引きませんか? 

同様にいくつになっても夢見がちな女子には、男性も「さすがに厳しいわ」と思うものです。

逆に男性も完璧ではないと理解し、一緒に支え合っていける女子は重宝されます。「この子となら結婚も考えられるな」と思いますよ。

プライドが高すぎず、素直さがある人

「知り合いの女性は、わからないことは素直に聞けるし、年下だろうと間違えたらきちんと謝ります。

人として当たり前のことなんだけど、これが歳をとるとなかなかできないんだよね……」(32歳/男性/営業)

上司を見ていると、プライドが高く「頑固だな」と思うことってありませんか? 

でも年齢を重ねるごとに、気付いたら自分も扱いづらい人になっていることがあります。年下はもちろん、男性からも「面倒くさい」と思われているおそれが……。

どんなに経験値があろうとも決しておごらず、素直で謙虚な人はどこへ行っても愛されますよ。

おわりに

若い頃って少しトガっていたり、感情の起伏が激しかったりする部分が魅力のひとつでもあるもの。

だけど色んな経験から周囲を客観視しつつ、ときには自分を認めてあげられるような穏やかさがあると、アラサーになり新たなモテが開けるようです。

是非皆さんも少しずつ、大人女子へとアップデートしてみてくださいね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)