大好きな彼からフラれたら、考え直してもらえないかと必死になりますよね。

でも、その一言によって、余計に早く縁を切りたいと思われる可能性があります。

彼に「いつでも戻れる」と安心感を与えてしまったら、今度は好意を利用される恐れもあるでしょう。

今回はフラれたときのNGワードを紹介します。

余計嫌がられちゃう!大好きな男性からフラれたときのNG一言集

「ダメなところ直すから!」

「いままで数回元カレにフラれて『ダメなところがあったら直すから!』と言ったことがあるけれど、うまくいったことがない。頑張って直してもスルーされるか、都合よく扱われるのがオチです」(25歳/女性/住宅)

男性が別れ話を切り出すときって、決意が固いことが多いです。そのためどんなに頑張っても、修復不可能なケースが大半なよう。

つまりいくらダメなところを直しても、気持ちが戻らないのが現実みたい。

だからこそ彼にすがるのではなく、少し距離を置くべき。彼が自ら寂しさを感じたほうが、まだ復縁できる見込みはあるかもしれません。

「ずっと好きでいてもいい?」

「元カノに別れ話をしたら、取り乱しもせず『わかった……。そのかわりずっと好きでいてもいいかな?』と言われて逆に怖かった。期待を持たせるのもダメだと思い、『別にいいけど、俺はもう付き合う気はないよ』と言いました」(23歳/男性/広告)

客観的に見たら、しおらしくて一途な印象を受けますが、もう好きじゃない相手に「ずっと好きでいい?」と言われても困るもの。怖い、重いと感じる男性も少なくありません。

彼もなんて返事をしたらいいかわからないでしょう。女性側も「ずっと好きでいてもいいよ」と言われても期待しちゃうし、迷惑そうに拒否られても凹みますし……。

お互いにメリットがない一言でしょう。

「友達でいようね」

フラれたときに言ってはいけない言葉は?

「元カノの浮気がきっかけで別れたのですが、『私は別れたくない!』とごねられた。最終的には納得してくれたけれど、『これからも友達でいよう』と言われた。『いや、ムリだろ』と思いつつもその場では了承し、後日ブロック」(27歳/男性/IT)

彼と縁を切りたくなくて「友達でいようね」「友達に戻ろう」と言う気持ちもわかります。でも友達ってなろうとしてなるものではないですよね。

特にもつれにもつれた別れの場合、友達になるのは相当厳しいです。

ましてや彼とヨリを戻したい願望があるのなら、「偽りの友達」で繋がろうとするのはちょっとズルいかもしれません。

おわりに

何とかして必死に彼を引き留めようとするセリフが、より逃げたくなる原因になります。

中途半端な関係を維持しても、あまり意味はありません。だからこそ別れたいと言われたら、アッサリ身を引いたほうがいいでしょう。

そのほうが「あれ、俺のこと好きじゃなかったの?」と、あなたを考える時間が増えますよ。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)