男性と話すときに、緊張のあまり自分の思いを伝えられないと悩む女性も多いでしょう。

「好きな人とせっかく話せたのに会話が続かない」と悩んでいる女性こそ、まずは自分の“聞く姿勢”を改めたほうが良さそうです。

自分の話を聞いてくれる人を嫌う人はいないですよね。

今回は「まだまだ話したい!」と男性に思われる女性の特徴を4つ紹介します。

男性が「まだまだ話したい」と思う女性の特徴って?

男性の話を適度に汲み取る

「僕の話を聞いてどう思ったのか感想を言ってくれると、会話が弾みます。意外と相手の話をきちんと聞いていると疑問点がわくので、僕もその疑問を率直にぶつけています」(Kさん・36歳男性/介護士)

会話をしている相手が「自分の話をちゃんと聞いてくれている」と分かるのは、その返答なのかもしれません。

相手が話したことを適度にオウム返ししつつ、自分の疑問点を投げかけるとそれだけで会話が弾むでしょう。

男性の話を聞き覚えている

「1回目のデートで話していたことを、2回目のデートで調べてきて『これって××だよね』と言ってくれたのは嬉しかった。話が通じるから面白いと思える相手とは、いくらでも会話できます」(Aさん・42歳男性/保育士)

次のデートをより親密なものにするためには、前回のデートを活かしたデートがいいですね。

自分の話を覚えてくれているのは、単純に嬉しいものです。会話のネタに困る人ほど、相手が話していたことをよく覚えておき、その内容を活かした会話にできるといいですね。

声のトーンが明るい

「声のトーンが明るい子がいいですね。時折首を傾げたり、声のトーンに抑揚があるとちゃんと聞いてくれていると、つい長話しになってしまう。声のトーンは見かけより大事だと思います」(Wさん・31歳男性/経理)

ルックス以上に、相手の受ける印象が変わるのが声のトーン。

明るく楽しいひとときにしたいのは、男性も同じ。暗い声色で「そうなんだ」と言われるより、ハキハキと元気に返答をもらった方がいいのは確かでしょう。

会話が単調にならないような、声の抑揚も意識できるといいですね。

表情が豊かである

「表情が豊かな子だと、こちらも相手のペースにのまれるのが分かります。無表情ぎみな僕も、相手につられて笑ったり神妙な顔になったりと、話していて新しい自分に出会えるようで新鮮です」(Mさん・27歳男性/エンジニア)

表情が豊かな女性は、それだけで男性から魅力的にうつるようです。

なぜなら、表情はそう簡単に取り繕うことができないからです。男性の話に合わせて反応をチェンジすることで「ちゃんと聞いてもらえている」と、ますますあなたと話したくなるものです。

表情が変わることで、退屈しないで会話できます。オーバーすぎるくらいが楽しんでいることを、分かってもらえやすいですよ。

まだまだ話したいと思われるのは聞き上手

自分の会話に自信がなくても、男性の話を上手に汲み取り反応することができる女性は、いつだってモテるものです。

自分のトーク術に自信がないからこそ、男性メインで会話が進んでいくような「居心地の良さ」を意識するといいでしょう。

聞き上手なだけで、あとは男性が勝手に話してくれるので楽にコミュニケーションを取れますよ。

(東城ゆず/ライター)

(愛カツ編集部)