出会ってすぐのころは、まだ関係も浅くお互いを知っていく段階。

だからこそ、もっと知りたい! もっと近づきたい!という気持ちも強くなる時期かもしれません。

また、実はこういった時期は、気持ちがLINEに表れやすく脈ありかどうかも判断しやすいものなんです。

そこで今回は、出会って間もないころの「脈ありLINE」にはどんなものがあるのか、ご紹介したいと思います。

出会って間もないなら♡「脈あり」に自信が持てる男性のLINE

1.聞いてもないのに!近状報告

好意を持つと人は、「話を聞いてほしい」「もっと自分のことを知ってほしい」と思うもの。

聞いてもいないのに「いま〇〇してるんだ」という近況報告のLINEは、好かれている証拠といってよいでしょう。

またそれが、写メや動画ならば、それだけあなたの関心を惹きたい気持ちが強いはず。

あなたからも積極的に反応を見せると、よりよい展開が期待できそうですよ。

2.「なにしてるの」と様子をうかがってくる

好意があると、自分のことを知ってほしいと同時に、相手のことも知りたいと考えます。

「いま、なにしているの?」とあなたの近況を聞くLINEが多いのも、脈ありのサインと言えるでしょう。

また、相手の様子を伺うことで、お誘いするための状況確認や、電話するチャンスをうかがっている可能性も。

もし、時間に余裕があるようなら、あなたの方からそれとなく「電話したい」気持ちを伝えてあげるとメッセージから電話へステップアップできるかも。

電話なら、もっと距離を縮められるはずですよ!

3.あなたの好きなものを送ってくる

あなたの好きなものに関する写真やURLが送られてくるのも、脈ありサインのひとつ。

関心を惹きたい、距離を縮めたいという気持ちの表れです。

「自分はこんなにきみに関心がるんだよ!」というアピールでもあるかもしれません。

気になる男性が、あなたにとって有益な情報をわざわざ調べてくれるのはとても嬉しいことですよね。

「嬉しい!早速見たよ!」など、感謝や嬉しさを伝える返信をしてみてください。

きっと、彼の好意をもっと高められるはず。

4.以前話した話題をLINEでもふってくる

「こないだ話した〇〇が~」といった、以前話した話題に関するLINEも、彼から好かれている証拠。

あなたとの会話を大切にしている、ちゃんと覚えているということになりますし、もっと会話したいという本音も隠れています。

以前交わした話題を持ち出すのは、会話のきっかけや距離を縮めるきっかけを探している証拠。

自信を持ってよさそうです。

当てはまれば自信を持って大丈夫♡

出会って間もない男性から、今回紹介したLINEがある場合は脈ありで間違いありません。

自信を持って彼に接していけば、距離は確実に縮まっていくはず。

せっかくの出会いですから、男性からの脈ありサインを見逃さず、幸せな恋愛へとつながりますように……!

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)