「もしかしてあの子に好かれてるかも?」――こんな意識が、男性の恋心に火をつけることも珍しくはありません。

好意をガツンとぶつけられるとびっくりするけど、「好かれてる『かも』にはときめく」という声も多いんです。

「気持ちがバレたら恥ずかしい」なんて言っていてはもったいない!

男子をその気にさせる「脈ありサイン」、どんなものがあるのでしょうか?

男性が「この子に好かれてるのかも?」と思う瞬間とは

こまめに連絡する

「ちょこちょこLINEをくれたりとか、連絡がまめな子は『気にしてくれてるのかな』と、こっちも気にしてしまいます。
デートに誘ってくれなくても、『明日の飲み会行く?私は行くと思う』とかでも、『俺が行かないと寂しいってことかな』と妄想することもありますね」(28歳・男性)

女子がこまめに連絡をくれる=脈ありサインと考える男性は少なくありません。

日記を送りつけたり、返事を強要するのはあまりおすすめできませんが、「なにかの誘い」「なにを答えればいいかはっきりしていること」は、好意的に受け取ってもらえそうです。

用もないのにLINEなんて……とモジモジしていると、ほかの女子が彼をさらっていってしまうかも。

距離が近い・ボディタッチ

「嫌いな男のそばには、女子だって行かないでしょ。デート中も、近くを歩いてくれると脈ありかな?と自信が持てる。
あざといのは嫌だけど、軽いのならボディタッチもドキッとします。だって嫌いだったら触らないじゃん」(24歳・男性)

やはり……という感じですが、ボディタッチから「脈あり感」を感じるようです。「女子は、嫌いな男には近づかない」と信じている人も多いようですね。

一方で「女子もそうだと思うけど、興味のない子にベタベタ触られたくない。ボディタッチは誰からでも嬉しいわけじゃない」という男性の声もあります。

彼がこちらをどう思っているかわからない場合は、まずは近くによって、反応を見てみてみるのも手ですよ。

いつも笑顔で接してくれる

「目があったらニコッと笑ってくれると、こっちも意識しちゃう。
みんなで話してるときに、自分の話には特別に食いついてくれたりするとうれしい。特別扱いにも弱いのかも」(25歳・男性)

男女問わない話ですが、自分を特別扱いしてくれる異性は気になりますよね。

好きな彼と目があったとき、恥ずかしいからと目をそらすだけだと、関心がないと思われてしまうかもしれません。

また「自分の話に食いつく」とは、ただうんうんと聞く、「すごーい」などの合いの手を入れることではなく、会話を掘り下げてくれることだとか。

「本当にその話題に興味がなきゃできないでしょ」、つまり「話が合う」「相性よさそう」と、さらなるプラス査定につながるようです。

目が合うとソワソワしている感じがする

「目があったときに、前髪をさりげなく直す子って、自分のことを意識してるのかな?と思う。自意識過剰ですかね……」(23歳・男性)

「前髪を直している瞬間に目があった男性からナンパされたことがある」女子もいるのではないでしょうか?

意識している人の目に自分がどう映るかは、気になってしまうもの。

「顔周りを直してしまうのは、自分を気にしてくれているからなのか……?」と、無意識に受け取る男性も多いのでしょう。

男性も、気になる女子と目があったりすれ違う瞬間に、ネクタイやメガネに手がいく人が多いですよ。

もし気になる彼がいるなら、あなたと話すときになにか身だしなみを整える仕草をしていないか、見てみるといいかもしれません。

男性的には、ノーリアクション=脈なし

男性にとっては「ノーリアクションの女子=自分に気がない」と思っているようです。

照れてる・好き避けなどは全く伝わらないと思ったほうがいいかもしれませんね。

好きな人に好かれて、興味のない人を寄せ付けないためには、「いかに素直なリアクションを出すか」が鍵になると言えそうです。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)