最初は脈ありっぽい雰囲気があった男性が、LINEを続けるうちにただの友だちっぽくなってしまう……。

そんなとき、男性は、LINEを通じて「この子は自分に興味がない」というメッセージを受け取っていることもあるようです。

男性を「脈ナシじゃん」とがっかりさせてしまう女子のLINEとは?

男性に脈ナシと思われるかも…!女子からの「がっかりLINE」の特徴

決まった時間にしか返信が来ない

「いつLINEしても、朝か夕方にしか返信をくれない女子がいる。たぶん、その子の通勤時間帯なんだと思うんですけど……。
SNSでもつながってるけど、そっちはランダムな時間に投稿があるから、読む時間がないわけでもなさそうだし。
明らかに手持ち無沙汰なときしか返信してくれない人には、男として興味を持たれている感じはしないですね」(26歳・男性)

返信が遅く、都合のいい時間にしかLINEを返さないのは、自分に興味がないからだ……。

男女問わない考え方かもしれませんが、「女子は好きな男性のLINEはすぐ返す」と思っている男性は多いです。

そのため、同じことをしていても、より脈ナシ感が強いそう。

毎度即レスではお互い疲れてしまいますが、好きな男性のLINEはむやみに寝かせないほうが、あらぬ誤解を避けられるでしょう。

スタンプを送ると会話が終わる

「まだ会話が続く流れなのに、スタンプを送ったら返信がピタッと来なくなったとき。めんどくさかったのかな……」(25歳・男性)

面倒くさいLINEをスタンプで強制終了したり、返しづらいLINEにスタンプでお茶を濁したり……。経験のある人は多いのではないでしょうか?

それだけに、スタンプをきっかけに会話を終わらせる女子には「めんどくさくなったのかな」と深読みしてしまう男性も少なくはないようです。

たまたまスタンプがきたタイミングで返信ができなくなることもなくはないですが、気になる彼が相手なら、誤解されない工夫は必要です。

絵文字なしで淡々としてる

「チャット状態でLINEしてるときに、絵文字なんてなくてもなんとも思わない。でも、返信が遅めなのに加えてずっと敬語とか、テンションが低い感じだと、脈がないな……と思って、連絡を控えてしまいますね。

義務で返事してる感を出されるとつらいというか、申し訳ないと思うかな」(27歳・男性)

たしかに、「絵文字なんて、あってもなくてもどっちでもいい」という男性も多いです。

しかし、返信の遅さや、敬語ばかりであることに加えて絵文字のひとつもないLINEには「渋々返してる?」「義理か?」と感じさせてしまうかも。

好きな人が年上だったり、返信内容に悩んだりで、結果的に無愛想に見えるLINEをしてしまっている女子もいるかもしれません。

送る前に読み直して、冷たく見られない工夫は必要かも。

やたらと区切る

やたらと区切る

「たくさんLINEくれても、どうでもいいような内容をやたら区切って小分けにして送る子は『好かれてるわけじゃないな』と思うかも。
だって小分け送信ってうざくないですか?どう思われてもいいから、なにも考えないで送ってるんだなと思う。好きな男にそんなことしないでしょ?」(30歳・男性)

たくさんLINEしてるから、私の気持ちも伝わっているのでは……?と思いきや、そうとも限りません。

配慮のない雑なLINEは、脈のない相手だから送れるもの、と考える男性は多いようです。

男性のなかには「丁寧に返信したいから、好きな子のLINEは寝かせる」という人もいます。それだけに、「質より量」なLINEからは「どうでもいい人」オーラを感じ取ってしまうようです。

ホントに興味がないならいいけど

本当に脈なしの男性に、これらの塩対応をしているなら、それはそれでいいのです。

でも、好きな男性にしたことが裏目に出るのは悲しいですよね。

返信の速さ・まめさより、「よくみて注意深く送る」ことが、ラインでの誤解を避けるコツと言えそうです。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)