大人になると、何かにつけて「言葉」で表現することがなくなる場合も。

交際時においてもそう。

正式な告白なしで、付き合い始めるなんてこともあるんです。

でも、できれば言葉はあってほしいもの。

そこで今回は、少し注意が必要な「告白なしで付き合ってしまう恋愛パターン」を女性の意見をもとにご紹介します。

告白なし…注意したい「なあなあな関係」はどう始まる?

1.先に身体の関係を持ってなあなあに

「私がよくやってしまうのが、先に身体の関係になってしまうパターンです。ちょっと好きな人だと、まあいいかな……って思っちゃうんですよね。

恋人関係になれることもあります。でも、こういう場合って完全に向こうの立場が上になるので、都合のいい女として扱われる可能性もありますね…」(29歳/飲食)

一番多いのがこのパターンでしょう。

告白の言葉はなくとも、「実質交際関係」になることもしばしば。

しかし、都合のいい女……すなわち「身体だけの女」としてみなされてしまう場合も多いので要注意です。

2.早めの段階で家にいれてなあなあに

「最初、うちで鍋をしようということになり、男女四人で集まったんです。翌日、男子がひとり、忘れものをしたと取りに来たんですね。すると、そのままうちに泊まっていったんです。

そのうち、『遊びに行ってもいい?』と連絡がよく来るようになり、とくに断る理由もないのでOKしてたんです。自然と、彼が入りびたるようになって、付き合っているような関係になってしまいました」(27歳/メーカー勤務)

家に入れるというのは、普通なら結構ハードルの高い行為です。

それが初めの段階でクリアされてしまうと、意外とすんなり家にいれてしまいがち。

すると、なし崩し的に付き合っているかのような状態に陥ってしまう場合も多いです。

3.噂が先行してなあなあに

「すごく仲のいい男友だちがいたんです。よく二人で遊ぶし、付き合ってもいいな……って思ってました。たぶん、向こうも同じような感じだったと思います。

あるとき、共通の友人から『あいつと付き合ってるんだって?』と言われた。なんでそういう話になったのか……。しかも、周りはみんなそう言ってると。
その話を彼にしたら、『俺も聞いた』と。否定するのもなんだし……といった感じで、なあなあな関係になった」(28歳/公務員)

周りの噂が先行してしまうパターンですね。

お互いにそういう気持ちがあれば、悪い気はしないでしょう。

しかし、気分がいいからとそのまま噂にのっかっていると、告白してもらえないままの状態が続いてしまう場合も。

4.答えを聞くのが怖くてなあなあに

「彼にはもともと付き合っている彼女がいました。ようするに、私は浮気相手だったわけです。でもあるとき、『彼女と別れた』って言うんですね。あれ、じゃあ私が正式な彼女?って思うじゃないですか。

でも、全然告白とかがないんです。以前と変わらない状態。確かめたいけど、もしフラれたらイヤだから聞けない……」(27歳/出版)

答えを求めてフラれるぐらいなら、今のままでいい……というパターンです。

気持ちは分かりますが、いずれは明確にしなければいけないときが来ます。

先延ばしにするほど、フラれたときのダメージが大きくなる可能性が……。

所詮口約束、されど口約束…

付き合っているとしても、所詮は口約束。

でも、やっぱり明確な言葉は欲しいですよね。

のちに問題に発展する可能性もあるので、一応は答えを求めたほうがいいのではないでしょうか。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)