「デート中に女性からされたいことはなんですか?」と聞くと、多くの男性は当たり障りのないことを答えます。

でも詳しく聞いてみると、彼らなりの細かな条件があるみたい。

そこで今回は「男性がデート中にされたいこと」について、その背景にある男性の「小さなこだわり」と共に紹介したいと思います。

彼女に言えないけど…男性がデートでされたらめっちゃ嬉しいこと4つ

1.「好き」と言われる

「雑談の中で彼女に『なにが好きなの?』と聞いて『えー、○○くん(笑)?』と言われて、平静を装ったけど内心ではニヤニヤが止まりませんでした」(32歳/営業)

「彼女の話題に対して感想を言ったら『そういうところ好きだな』と不意に言われてドキドキしました。もうなにを言ったのか覚えてないけど(笑)」(31歳/建築業)

言い過ぎはNGですが、不意に「好き」と言われると男性はこっそりときめいているみたい。

会話の中にさりげなく入れられると良さそうです。

2.ちょっとしたスキンシップ

「向こうから触ってくれると、こっちも触りやすくなる」(33歳/ゲーム開発)

「ベタベタされるのは嫌だけど、腕をつかんでくれたり手をつないでくれたりするとうれしい。真顔だけどよろこんでるよ!」(30歳/不動産)

いくら彼女とはいえ女性に触るのはちょっと緊張する男性が多いようです。

ベタベタするのはNGという意見も目立ちますが、ちょっとしたスキンシップはして欲しいとのこと。

いいバランスを見極めてください!

3.無言で見つめられる

「人気のないところや、暗い映画館などで見つめられるとドキドキする。キスしてもいいですか?ってなってしまう」(33歳/美容師)

「なにもできなくても見つめられるとイチャイチャしているみたいでうれしい」(31歳/飲食)

無言で見つめられるとそれだけでうれしいみたいです。

真顔だと怖いですし、無理にセクシーな表情をすると引いてしまうかもしれませんので、目があって少し微笑むくらいがちょうどいいかもしれませんね。

4.ちょっとした気遣い

「おごったときに、あまりに恐縮されたり割り勘を強く申し出られたりすると逆に気を遣う。次に行ったカフェでおごり返してくれたらそれでいい」(33歳/コンサルティング)

「プレゼントを毎回もらうよりも、寒い外で温かい缶コーヒー買ってくれたりする方がうれしい」(34歳/事務職)

ほかにも、同じ料理を頼んだときに先にゆずってくれたり、チケットをまとめて持っていてくれたりと、ちょっとした気遣いが大人気でした。

彼の動きをよく観察してみて、先回りの親切ができると良さそうです。

彼が「言いづらい」小さな期待

今回紹介したものは、下心があるものや、ここまで言うと少しワガママかなと思えるような、ちょっと「言いづらい」ものかもしれません。

でもだからこそ、男性の小さな期待を踏まえて、かゆいところに手が届く絶妙のアプローチができるのではないでしょうか。

ぜひためしてみてくださいね。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)