なんだか最近、彼が自分に対して冷めている気がする。

何か悪いことをしたわけでもないのだけど、どうしてだろう……。こんなとき、本音も聞けないので悩んでしまいますよね。

でも、ほおっておくと別れが突然やってくることがあるかもしれません。

では、男性が彼女との別れを決意する瞬間とはどのようなときなのでしょうか?男性の体験談とともに探っていきましょう。

それは突然に…男性が彼女との別れを決意する瞬間とは

彼女が他の予定ばかり優先すると

「最近、彼女が冷たくて。仕事が忙しかったり、習い事があったり……。他の用事があるのは、分かるんです。でも、やっぱり僕との時間も大切にして欲しい。自立している女性も素敵なんですが、放置されすぎるとやっぱり寂しいです」(30歳/金融)

付き合いはじめの頃は彼優先だっだという人も、付き合いが長くなってくると、自分優先になるということもあるでしょう。

しかし、男性は意外と寂しがり屋さんが多いため、彼女が自分のことばかり優先していると、寂しくなって別れを決断してしまう人もいるようです。

自分から連絡することを忘れずに、思いやりのある行動をすることで、別れを遠ざけることができるかもしれません。

前と同じ理由でけんかになったとき

「彼女がいっつも食事中に携帯電話を触るんです。友達から連絡が来て、すぐに返事しないと気になるらしいんですけど、不衛生だし、せめて食べたあとにしてほしい。

毎回、食事中は携帯を触らないでほしいと言っていますが、折り合いがつかず、そこでいつもけんかになります。こういうケンカが続くとほんとうんざりして、たまに別れがよぎります……」(24歳/TV制作会社)

気を付けてはいるけど、何回も同じ理由でけんかになってしまうこと、ありませんか?

もしかしたら、あなたが見えないところで彼は結構我慢をしていて、悩んでいるかもしれません。

同じ理由とは言え、けんかになるということは、少なくとも女性が改めるべき部分もあるのではないでしょうか。

けんかになったときは、男性ばかりを責めるのではなく、自分の胸に手をあてて、何が悪かったかな?と自分自身を振り返る時間をもちましょう。

けんかになるのはお互い様。自問自答することで、お互いの理解を深めるきっかけになるかもしれませんよ。

自分から積極的に行動をしないとき

「デートはいつも僕が行き先を決めるし、何食べたいとか、何がほしいとかも意見を言わないんですよ。付き合っているのに、僕だけ頑張っているみたいでむなしくて……。

最近できた女友達がいつも自分から積極的に意見する子で明るいから、そっちにひかれちゃっています……」(27歳/不動産)

ついつい彼に嫌われたくなくて、自分の意見を言えなくなってしまうことはありませんか?

彼が行きたいところ、したいことに合わせておけば楽なときもありますが、デートは2人で作り上げるもの。

彼だって毎回自分がデートの案を出していては疲れてしまいますし、いつも受け身で聞いてばかりいられると、会話もしらけてしまいます。

たまには、自分から話題を振ったりデートの提案をしたりしてましょう。

付き合っているのですから、自信を持って行動を起こしてみてくださいね♡

2人の関係が良くなるように自分を変えていきましょう

突然、彼から別れを告げられることは悲しいもの。

そうなる前の前兆に気づいたら、まずは自分自身の言動を振り返って、変えられるところはないか考えてみましょう。

彼にも「私ってこういうくせがあるのは、分かっているんだけど、なかなか変えるのが大変で……」と本来の姿を見せたら、一緒に考えてくれるかもしれません。

彼に寄り添いながら、2人の良い関係を作っていってくださいね。

(愛カツ編集部)