片思いをしていると、気になる男性の言動に対して「これは脈あり!」「これは脈なし?」と一喜一憂してしまう女性は多いと思います。

とくに気になって仕事も手につかなくなりがちなのが、「脈なしかもしれない」と思ったときではないでしょうか?

しかし一見脈なしと思われるような男性の言動も、実は脈なしではないということも多いものです。

そこで今回は、女性が早とちりしがちな「実は脈なしじゃない男性の言動」についてお伝えします。

「脈なし…」と、落ち込む前に読んでみて!実は「脈あり」な男性の言動

返信が遅い

LINEの返信がなかなか来ないというとき、どうしても「迷惑だったかな?」とか「嫌われた?」と考えてモヤモヤしてしまいますよね。

でも、誰にでも返信できない時間が続いてしまうことはあるものです。

仕事が忙しいという可能性はもちろんのこと、それ以外にも、ずっと誰かの相手をしていたとか、スマホの調子が悪いなど、様々な要因が考えられます。

ですから、彼からの返信が早い時もあったとか、LINEが続くこともあったということなら、脈なしと判断する必要はないでしょう。

少し時間が過ぎてまた返信が来たら、なかなか返信が来なかった事情も分かるかもしれません。

思い悩み過ぎずに、他のことをして待ちましょう。

「彼女欲しい」と言う

好きな男性がこんなことを言っているのを聞くと、「そっか……。私が目の前にいるのに、私じゃダメなんだ」と思って悲しくなり、完全に「脈なし」と判断してしまう女性が多いと思います。

しかし、そうとは限りません。

実は男性は、気になる女性に対してもこのセリフを言うのです。

それは「今彼女がいない」ということをあなたにアピールしたいという場合もあります。

他には、こう言ってあなたがどのように反応するのかで、彼自身が「俺はこの子と脈あり?なし?」を確かめようとしているということも。

「誰か紹介しようか?」なんてあなたから言われたら脈なしで、逆にあなたが脈ありなら「私がいるじゃん!」と言ってくれないかな?と考えている男性もいるのです。

「彼女欲しい」と言っていたら、逆に「チャンス!」と考えるくらいにしましょう。

きついことを言われた

彼からきついことを言われてしまった場合、「私のこと好きじゃないんだ……」と落ち込んだり、「なんでそんなこと言うんだろう。やっぱり脈なし?」と悲しくなってしまったりしますよね。

しかし、これも脈なしと決め付けるのは早とちりである場合が多々あります。

正義感が強い男性の場合、好きとか嫌いではなく、正しいと思うことをハッキリと言うこともあるでしょう。

出来事に対して言っているのであって、あなた自身を否定しているのではないということが分かれば、脈なしとはなりません。

それどころか、彼が言った内容をよく振り返って考えてみると、「思ってくれているからこそきつく言った」というようなこともあるのではないでしょうか?

早とちりで落ち込まないで

いかがでしたか?

男性のこうした言動は、女性が脈なしだと早とちりして落ち込みやすい反面、男性自身は脈なしだと思われるとは気付かずにしているものです。

ですから、そのことだけを局所的に捉えるのではなく、今までの関わりや流れを振り返ってみることで、脈なしだと決め付けて落ち込む必要はなくなるでしょう。

(かりん/ライター)

(愛カツ編集部)