本命の女子に対して男子は、どうしてもベタ甘になってしまうもの。

他の女子なら許せないことでも、好きな相手ならニコニコ許してしまえるのです。

なんだかちょっと不公平な気もしますが……これは言い換えると、「本命のサイン」がわかりやすい、ということでもあるのです。

では、B型の男性が「本命の女性だけに許していること」には、いったいどんなものがあるのでしょうか?

B型男性が「本命の女性だけ」に許していること

厳しいことを言っても正面から受け止めてくれる

B型男子はマイペースなので、付き合っても自分の生き方を崩すことをしないタイプ。

さまざまなことに寛容な反面、相手からガミガミと口うるさくされると逃げ出すこともあります。

でも本命女子に対しては、厳しいことを言われても逃げ出さずに受け止めてくれるでしょう。

好きな人からの言葉は、彼にとってはとても大切なメッセージなのです。

ただ本当は、「もっと軽やかに恋を楽しんでいきたい」というのが、彼のホンネかも。

寂しいときにかまってくれる

B型男子は自由を愛するところがあり、束縛されたり、自分のことを詮索されたりすると「面倒だ」と感じやすいもの。

付き合う女子に対しても、そんな自分の性格を理解してほしいと考えているところがあります。

でも、本命女子に対しては「寂しいときにいつも身近にいたい」と思う一面も。

そのため、女子のワガママも黙って聞いてくれるでしょう。

ただ本当は、あまり細かいことで呼び出しされると、ストレスに感じてしまうようです。顔には出しませんがイライラが募ることもあるので、ほどほどにしましょう。

アテにされると全力で応える

アテにされると全力で応える

B型男子は楽しいことが大好き。しかしその反面、努力や苦しいことにあえて立ち向かうのを避けるところがあります。

そのため、恋人とはゆる~く付き合いたいというのが本音です。

でも、本命女子からアテにされると、信じられないくらい有頂天になってバリバリ努力をするでしょう。

彼はシンプルな性格なので、頼りにされると飛び上がって喜ぶのです。

しかしそのプレッシャーが重たすぎると、どんどんダレてきてしまいそう。

スケジュールを合わせてくれる

B型男子は、自分で自分がワガママで気分屋なことをよく分かっています。

そのため、あまりガチガチにスケジュールを組みたくないというのがホンネです。

責任感という面でいまひとつ煮え切りませんが、本命女子からのお願いだと話は別。相手の日程に合わせて、快くリスケをしてくれるでしょう。

そうして、同じ時間を少しでも過ごすことで、二人だけの世界観を創ろうとするはず。彼にとっては、好きな相手との時間が一番嬉しいのです。

本命相手には我慢もする

女子もそうであるように、男子も好きな相手に嫌われたくないのです。

「自分がこう言ったら不愉快になるだろうか」「ここで注意をしたらイラっとされるかな」

……などなど、あれこれ考えたうえで譲っていることも少なくありません。

理想の付き合いは、お互いに「対等」であることだと思います。そうであって初めて、自然体のお互いの良さが分かるのですから。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)