テレビやSNSで見かける素敵な女性には、「品」がある人が多いですよね。

大人の女性なら身につけておきたいものですが、意識していないとなかなか難しいのかもしれません。

今回は、品がないなと思われてしまう女性の特徴を、男性のコメントから考えていきます。

早速チェックしてみましょう。

バレてます…男性が品がないなと思う女性の特徴3つ

ドアの開け閉めが乱暴

「仕事のお客さんですごく清楚な女性がいて、いいなぁと思っていました。しかし、その人はいつもドアの開け閉めが乱暴。力いっぱいドアを開けて人にぶつかったり、バタン!って音を立てて閉めたりで、萎えました」(26歳/事務機器販売)

職場でもプライベートでも、ドアの開け閉めをするシーンはたくさんありますが、何気ないところに、その人の品格が滲み出てしまうようです。

ドアの開け閉めをするときは、ドアの向こう側に好きな人がいると思うと、上品に振る舞えます。

力を入れすぎず、音を極力立てないよう意識してみましょう。

スマホの扱いが雑

「いい感じの子と、カフェのソファ席で食事していました。彼女もリラックスしてたみたいだけど、スマホをいじった後ソファにポンと投げたり、パンを食べた後のベタベタの手でスマホをいじったり。なんか残念な気持ちになりました」(27歳/金融系営業)

スマホは手放せないツールだからこそ、その扱いには品格が出てしまいます。

特にリラックスしたシーンでは素が出てしまうので、要注意です。

基本的にデート中はスマホを触らないようにしたいところですが、どうしても必要な場合は所作にも気を遣いましょう。

カバンがやたら重い

男性ドン引きの女性の行動は?

「もうすぐ告白かな?って子と待ち合わせをしていたら、すごく大きなカバンを持って現れて。『持とうか?』って代わりに持ってあげたらすごく重くて(笑)旅行にでも行くのかよって感じで、ちょっといただけませんでした」(26歳/IT関連)

デートのときは服装に気合が入りがちですが、カバンの中身にも注意が必要です。

緊張して不安になるのはわかりますが、あれやこれやとカバンに詰め込んでしまうと上品さは失われてしまいます。

スマホとお財布、軽く化粧直しができる最低限のコスメとハンカチぐらいに留めておきましょう。

小さめのカバンで、スマートな印象を残したいですね。

無意識なところこそ見られている!

好印象を残すためには、上品かどうかというのも重要なポイントです。

いつも無意識にやっていることにこそ、品格はあらわれるもの。物の扱い方や普段の持ち物について、改めて考えてみてくださいね。

時間や心に余裕がないと、つい言動も乱雑になってしまいがちです。

デートには余裕を持ってのぞめるよう、計画を立ててみてくださいね。

(愛カツ編集部)