甘え上手の女子はモテる、とよく言われていますが、彼に甘えたのに渋い顔をされてしまった人もいるでしょう。

甘え上手な女子は、男性が「頼ってサイン」を出している瞬間を狙って甘えています。

今回は、男性が「頼ってほしい」と思っているタイミングについて紹介します。

男性が「頼られたい」と思っているときの行動

質問をしてくる

「年上の彼女に甘えて欲しいから、今日は何食べたい?とか、ヒールで足が痛くない?など質問しちゃう。彼女の話でわからないことはすぐ調べたいからスマホで調べながら話すのですが、彼女からは笑われています」(26歳・男性)

質問が多いのは脈ありサインの一つですが、すでに付き合ってる彼女にも同じです。

「彼女が求めていることを知りたい」「喜ばせたい」――そんな男心があるようです。遠慮せず素直な気持ちを話して。

荷物を持ちたがる

「彼女のバッグは持ってあげようとしても断られるけど、買い物に行ったときの荷物は絶対に持ちます!『一つは持つよ』と彼女は言うけど、僕だって男だし、全然大丈夫だから持たせてほしい」(25歳・男性)

良いところを見せたい女子の前では、重いものを持ったり、高いところの電球を変えるなど、男性の自分が得意な作業を進んでやりたがる男性も。

こんなときの男性は、アピールできるチャンスと考えています。

「悪いから」なんて言わずに遠慮せず頼って、「嬉しい!助かる!」と喜ぶ姿を見せておくと次回以降も進んで助けてくれるはずですよ。

「好きな席に座ってて」と指示する

男性の甘え欲しいサインは?

「彼女とスタバに入ったら、『なに飲みたい?好きな席に座ってて!』と促す。彼女の好きな場所に座らせてあげたいし、自然に奢ってあげられるから。良い作戦だと思ってるけど『ゆっくり選びたい』と言われることもある(笑)」(24歳・男性)

女子に奢ってあげたいけど、「払います」「いらないよ」のやり取りは避けたい……。

スマートにご馳走してあげるべく、「座ってて」と言う男性も多いです。

こういった気遣いや「奥の席に座りなよ」と譲ってくれることは、当然のことではありません。

できない男性もいるので、できる男性がやってくれるときは、喜んで甘えましょう。

「自分の気分で選びたい」場合は、「一緒に選びたいな」と素直に言えば、それもまた喜んでくれるはずです。

様子をチェックしてくる

「気になる女子は同僚だから、なにかと様子を見てます。仕事とかメンタルとか。手伝えることを探したり、元気がなさそうだったら話しかけたり。できることがあったら助けたい」(28歳・男性)

好きな女子には「仕事ができる・頼れる」と思われたいもの。

こまめに「大丈夫?」「手伝うことある?」と聞いてくるのも、男性の頼ってアピールです。

「仕事のことは自分で」という女子も多いですが、気になる彼が相手なら「いいです、大丈夫」とスパッと断ってしまうのはもったいないかも。

仕事に一生懸命な姿に惹かれる男性も多いですから、変に気をまわさず、ガチな仕事の話題を出すのも好評なようです。

余裕があるときに頼ってあげると喜ばれる

甘えてほしい、頼ってほしいと言いつつも、余裕のないときはそっけない男性も多いです。

一方で、女子に頼られたいときの男性はわかりやすいサインを出しています。

彼の「頼られたい」サインを見極め、乗ってあげる余裕は女子も欲しいところです。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)