男性の心をわしづかみにする、可愛い「甘えテク」を身に付けてみたいと思いませんか?

甘えテクといってもぶりっ子のようなワザとらしい感じではなく、ちょっとクスッとしてしまうような仕草をご紹介します。

このテクニックなら、男性が思わず「可愛いな、おい!」と心の中で叫んでしまうはずですよ。

彼を虜に!男性の実体験をもとにまとめた「甘えテク」

「え~…」の後にじっと見つめる

「デートの帰り道で、クレープ屋さんを見つけた彼女が、『食べたい』と言い出したんです。

少し前にデザートを食べたばかりだったので、『やめておいたら?』と言うと、彼女が『え~』と不満げにほっぺを膨らましながらじ~っとこっちを見てきて、それが可愛くてついおごってしまいました(笑)」(29歳・男性・会社員)

少しすねた女の子の態度は、男性にとっては可愛い以外のなにものでもないはず。

そのうえじっと見つめられたらたまりませんね。

男性にリクエストを聞いてもらったら、ぜひ満面の笑みで喜んであげてください。

さらにハートをわしづかみにできるはずです!

ポーズを取って待つ

「彼女は頭をなでられるのが好きなんですが、なでてほしいときの仕草が可愛いですね。頭を傾けて、無言でじっと待っているのが、たまりません(笑)

ハグしてほしいときは、両手を広げて待っていますし、キスしてほしいときは、わざとらしいくらいのおちょぼ口をしてくるので、毎回、可愛いな~と思っています」(30歳・男性・美容師)

ときには、してほしいことがまるわかりのアクションをして待ってみるのもおすすめ。

わかりやすくて可愛いらしい反応で、ちょっと大胆に攻めてみるのはいかがでしょうか?

もし恋人未満の関係なら、「こういうときは○○されたい!」とリクエストしてみるのもおすすめです。

半分寝ぼけてリクエスト

「電話で彼女を起こして、『今日どうする?どっか行く?』と尋ねると、ふわ~……、と可愛いあくびをしながら『○○くんのおごりでスイーツバイキング!』とリクエストされたんです。

サラッとおごりまで要求されましたが、寝ぼけた声の彼女が可愛すぎて、即OKしてしまいました」(26歳・男性・公務員)

日中のシャキっとしているときよりも、ふわふわした寝起きでのほうが、上手に甘えられるのかもしれませんね。

ちょっとおねだりしにくいことは、あえて寝ぼけて言ってみるのはいかがでしょうか!

あえてLINEで送る

「デート中、ふたりで電車にのっていると、突然、隣にいる彼女からLINEがきました。

なんでわざわざLINE? と不思議に思っていると、『デートが終わったら部屋に行きたい』というメッセージでした。横目でチラッと彼女を見ると、照れ笑いをしていて、キュンとしましたね!」(33歳・男性・飲食店経営)

彼の隣にいるのに、あえてLINEを送る甘え方、いかがでしょうか。

伝えにくいことも、文字なら伝えやすいかもしれませんし、可愛く見えるなら一石二鳥ですね!

ちょっとした一工夫で可愛く!

甘えられると、基本的に男性は嬉しく感じるもの。

でも、一工夫をプラスすれば、もっと彼をとりこにできるかもしれません。

同じ甘えるなら、彼の「大好き!」をもっと欲張ってみませんか?

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)