大失敗をしたわけでもないのに、彼の反応があまり良くない、次のデートにつながらない……そんな経験はありませんか?

それはもしかしたら、あなたが無意識に彼のテンションを下げる会話をしているのかもしれません。

そこで今回は、デート中にやりがちなNG話題をご紹介いたします。

やりがち注意!デート中に話しがちなNG話題4つ

マニアックすぎる趣味話

趣味の話題はNGではありませんが、マニアックな趣味の話題には要注意。

マニアックな自分の趣味を語りすぎると、男性は「ついていけない……」と1歩引いてしまうかもしれません。

趣味の話をするときは、相手がその話題に詳しくないのであれば最初は当たり障りない会話に留めておくようにしましょう。

また、アイドルやコスメやショッピングといった女性が好きな話題もマニアックな会話になりやすいので、デートでは控えめにしたほうがいいかもしれません。

不幸話

相手をくすっと笑わせるような自虐話はOKですが、ヘビーすぎる不幸話には男性は引いてしまいやすいものです。

幸薄い女性と思われてしまうことで、男性が距離を置いてしまうこともあります。

不幸話は暗い雰囲気になりやすいので、笑えない失恋話・家族問題といった深刻な不幸話は避けたほうがベター。

彼の気を惹こうと不幸話をするのは逆効果になりやすいので注意してくださいね。

仕事自慢

仕事自慢

仕事を頑張る前向きな姿を見せるのはいいことです。

でも、仕事の成果や地位、勤め先など、自慢話になりそうな話題には気を付けたほうがよいでしょう。

場合によっては、彼のプライドを傷つけてしまう可能性もあります。

「自分よりも仕事ができる女性」と思われてしまうと、男としての立場がない……と彼が自信をなくし、距離を置いてしまうかもしれません。

周囲の愚痴

同僚や上司など、周囲の愚痴はついつい言ってしまうものです。

でも、愚痴をこぼすことで「器が小さい女性」「なんでも周りのせいにする性格」と誤解されてしまうかもしれません。

ただ、笑えるような愚痴は会話を和ませる効果もあります。「よく先輩に怒られるんだけどね(笑)」「親友はね、すごく面白いし優しいんだけど、いつも遅刻してくるの(笑)」など、自分自身が笑い話として受け止めているように話すのがおすすめ。

愚痴を言うときは、不平不満が多い女性と思われないように気を付けてくださいね。

NG話題を避けて好感度アップ!

誰だって無意識に「ちょっと性格が……」と誤解されるような話題を振ってしまうことはあるかもしれません。でも、そのことが原因で恋のチャンスを失うのはもったいないこと。

恋の成功率を高めるためにも、デートでついやりがちなミスを回避していきましょう!

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)