デートの時のヘアメイクって悩みますよね。

「自分好みのメイクと彼の好みが違う」「適当なメイクの日のほうが褒められる」なんて人もいるのではないでしょうか。

デートのヘアメイクについては「触れる」「いつもと違う顔が見れる」など、男性が期待するいくつかのポイントがあります。

今回は男性陣の「こうしてほしい!」を聞いてみました。デートに取り入れてみては?

デート時のヘアメイク、男性の「こうしてほしい!」ツボとは?

ヘアスタイルはシンプルにしてほしい!

「まとめ髪はおしゃれだけど触ったら悪いかなと思うので、頭ポンポンするのにも気をつかう。できれば下ろしたり結わえたり、ゆるくてシンプルなのがいいな」(25歳・男性)

巻きや盛り、編み込みなどの手の込んだまとめ髪は、意外にもデートでは不評のようです。

男性好みの「さらさら」「揺れ感」などのナチュラル要素が削がれてしまうのと、うっかり触って崩したら怒られそうな緊張感が原因です。

これだけで「今日は家に誘ってみようと思ったけど、無理かも」と思ってしまう男性も。

デートのヘアスタイルはシンプルなほうが良さそうです。

元気な顔にして!

「待ち合わせで顔色が悪いなと思って、大丈夫?と聞いたら、モードっぽくしたメイクのせいだった。『メイクが変ってこと?』と怒られて気まずかった。普通に元気にかわいく見えるメイクにしてほしい」(30歳・男性)

ベージュのリップや、あえてチークを入れないなどのクールなメイクも、男性によっては「顔色が悪い」と受け取ることも。

「眉が薄い」「頬にもリップにも色味がない」「まつ毛が下がっている」などが、男性目線で元気なさげに見えるポイント。

女子同士なら良いけど、デートの時はチークを入れるなど健康的に見せたほうがいいでしょう。

いつもと違う顔が見たい!

男性好みのメイクは?

「同僚と付き合ってるんだけど、デートの時はいつもと違うメイクが見たい。彼女は会社でもパーティーでもいつも同じナチュラルメイクなのはちょっと物足りない」(31歳・男性)

自分が一番可愛いと思うメイクを、どんなシーンでもしている人も多いのではないでしょうか?

特に、社内恋愛など、いつも身近にいる彼が相手ならば違う顔も見せていきたいもの。

オフィスではキリッと、デートではピンクを使ってふわっとというように、色を変えるだけでも男性は「今日何か違うね」と反応するはずですよ。

やっぱり薄めが好き!

「男もファンデーションが濃いのはわかります。トイレのたびに荷物全部持っていって、10分くらい待たされるのも苦手……。もっとナチュラルでいい思うんだけどな」(27歳・男性)

男性が「厚化粧」「おばさん」と思うポイントは、ファンデーションの濃さにあります。

細かいトラブルまでカバーしないと気が済まない女子も多いですが、パテ塗りのごとく厚塗りにしたファンデはトレンドからは大きく逸脱しています。

メイクにもトレンドがあるので、上手く取り入れないと古臭い印象になってしまいます。

ビューティーカウンターで自分の肌色にあった色味を選んでもらったり、薄付きでカバー力のあるファンデを探したりするだけでも、トレンド肌はつくれます。

楽しそうな顔に見せよう

好感度を上げるために無理に地味なメイクにする必要はなさそうですが、肌が明るく見える、ナチュラルにみえることは必須ポイントのよう。

自分目線でも彼目線でも、かわいく見えてテンションが上がるメイクを研究したいものですね。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)