男性が何気なく放ったひと言の中には、実は色々な思いが隠されているものです。

あなたに対して好意を抱いているのかどうかがわかる場合もあるので、注意深くチェックをしてみるといいでしょう。

そこで今回は、「何気ないひと言」に隠された男性の本音を紹介します。

実はこう思ってる!「何気ないひと言」に隠された男性の本音

「今度メシでも行こうよ」

「『メシでも行こうよ』というのは誘い文句ではありますね。硬い感じになると重たく思われるので、あくまでもサラッと軽く言うようにしています」(27歳/男性/広告代理店)

会話の中でさりげなく「今度メシでも行こうよ」と言ってくる男性は、少なくともあなたに多少の好意は抱いているはず。

全く興味のない女性に自分からそんなことは言い出さないでしょうし、そのひと言を投げかけることで、あなたの反応を見ている可能性も高いです。

そこで「行きたいです!」とうれしそうに答えてあげると、断られる心配が解消されて、男性は一気に誘いやすくなるものですよ。

「誰がいたの?」

「好きな女の子が誰と遊んでいたのかは、どうしても気になってしまう。そこに男がいたのかを確かめたくて、聞き出そうとしてしちゃうかも」(31歳/男性/自営業)

好きな女性が自分のいないところでどんなことをしているのかは、男性はとても気になるもの。

特に、そこに男性がいたのかが一番引っかかるポイントなので、「誰がいたの?」とさりげなく聞き出そうとするのはよくあることです。

その男性のことをあなたも気になっているのなら、変に誤解を生むような返答はしないように気をつけてくださいね。

「今は彼女いらない」

彼の本音をどう探る?

「興味がない女性には、『今は彼女を作る気はない』って言うこともあるかも。そうやって、遠回しに避けているというのが本音ですね」(28歳/男性/アパレル)

男性が「今は彼女いらない」と言ってくる場合には、あなたのことを敬遠しているケースが多いかも。

あなたからの好意を感じて、「付き合う気はない」という意思を前もって伝えようとしているのでしょう。

また、「彼女はいらない」と言いながらちょっかいを出してくる男性は、あなたを遊び相手にしようとしている危険性が高いので、いくら好きでも安易に深入りしてはいけませんよ。

「忙しくて時間が作れない」

「断るときには、忙しいと言うのが一番楽でいいかな。色々と理由を作るのも面倒なので、忙しいのひと言で終わらせてしまいます」(32歳/男性/WEBディレクター)

「忙しい」というのは、とても手っ取り早くて小細工をしなくて済む、最も便利な断り文句です。

「忙しくて時間が作れない」とか「なかなか予定が見えない」などと言ってくることが多い男性は、あなたにあまり興味がないか、自分の都合のいいときだけ遊びたいといった考えなのかも。

忙しい中でもなんとかして時間を作ろうとしてくれたり、断るというより延期をしようとしたりするのが、男性が本当に好きな女性に取る態度ですよ。

おわりに

男性の何気ないひと言に隠された本心を知ることができたら、ふたりの関係性を一気に深められる可能性があります。

気になる男性がどういった発言をしているのかは、きちんと聞くことが大事ですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)