世間的に許されないことだとわかっていながら、不倫の恋にハマる人も世の中にはいます。

割り切った関係でも本気の恋でも、良いタイミングで身を引ければよいのですが、中には不倫によって何かを失ってしまった人も。

今回は不倫経験のある女性たちに、その後の人生の変化について聞いてみました。 

不倫にハマった女性の悲劇。既婚男性を好きになった女性の末路とは

既婚者ばかりと恋愛するように

「割り切った関係にハマるうちに、既婚者ばかりからアプローチされるように。もう不倫はやめたい、って思うけど一人になるのが怖い」(29歳/接客業) 

一度不倫にハマると、なぜかその後も既婚者とばかり付き合うようになった……という人は意外と多いようです。

いいタイミングで手を切れるならまだしも、ずるずると関係を続けてしまうようでは幸せな恋が遠のいてしまいます。 

不倫相手と結婚したものの……

「不倫を経て、バツイチになった彼と結婚しました。一時はすごく幸せだったけど、数年たって彼が他の人と不倫。される側になって、初めて辛さがわかりました」(32歳/専業主婦) 

不倫の末に正式なパートナーになれたとしても、彼を信頼しきれないのが不倫の恋の悲しいところ。

一度不倫をしたということは、また裏切るんじゃないか?という不安が常につきまといます。

そして不倫される側になったとき、自分のしたことの重さを感じるでしょう。 

ハマりすぎて心が不安定に

「彼にハマりすぎて、既婚者でも関係ない!ってくらい好きだった。でも結局いつまでも離婚しない彼にイライラして、心のバランスを崩して退職。それを機に縁を切りました」(30歳/営業職) 

既婚者との恋の辛いところは、自分だけを見てくれないという点です。

本当に好きになって彼を独り占めしたくなっても、奥さんがいるという事実に苦しむことになります。

心を蝕まれ、気持ちも不安定になってしまうリスキーな恋、それが不倫の恋です。 

いつの間にか周囲の信頼を失った

「若い頃は不倫してる自分が大人だと思っていたから、周囲にも普通に恋愛相談をしてました。周りも既婚者になる年齢になって『不倫してた子』として静かに信頼を失ってたみたい。今さらながら後悔してます」(27歳/インストラクター) 

若い頃には単なる恋愛の一つとして楽しんでいた不倫関係も、大人になるにつれて周囲の目は冷ややかになってきます。

社会的な信用を失いかねないルール違反の行為で、周囲の人々に一線を置かれる原因になりうると心得ておきましょう。 

不倫の恋はリスクが大きすぎることを知って

不倫とは、身近な誰かを傷つけたうえで成り立っている関係です。

後ろ暗い気持ちで恋をするよりも、堂々と幸せに向かっていける恋のほうがずっといいですよね。

現在不倫をしている人も、後悔しない人生を歩むために早めに関係を解消することをおすすめします。 

(愛カツ編集部)