気になる男性がいて、相手から何もアクションがない場合、こちらから攻めるしかありません。

でも、なかなか女性のほうからは声を掛けづらいですよね。できれば自然な流れデートで持ち込みたいはず。

その方法を、男性の意見を踏まえてご紹介していきましょう。

断る理由がない!男性を自然な流れで「デートに誘う方法」

共通の趣味を見つけて

同じ趣味を持つ人に会うと、テンションが上がりますよね。それにまつわる話をしたいと思うでしょう。

それが特殊な趣味ならばなおさら。共通の趣味があるというのは、恋愛においては非常に強い武器になります。

話がしたいと思えば、2人で会いたいと思うのは当然のことです。だから、デートに誘うのもごく自然なことになります。

なので、まずは相手の趣味を探って、その知識を多少でも身につけましょう。「いろいろ教えて欲しい」という姿勢で誘えば、あっさりOKが出るはずです。

プレゼント選びに付き合ってもらう

誰か、男性にプレゼントを贈るようなことがありますよね。父親、兄弟、男友だちなど。

そんなとき、男性の感覚についてアドバイスをもらえると大変参考になるはず。

そこで、プレゼント選びに付き合ってもらうというデートの誘い方があります。

「男性の感覚が分からなくて困っている」という姿勢を見せてお願いするのは、とても自然なデートの誘い方です。

お願いされた男性も、頼られているということで悪い気はしません。むしろ優越感に浸り、気分良くOKを出してくれるでしょう。

お礼がしたいと食事に

さりげないデートの誘い方は?

相手に何かしてもらったとき、お礼をするはず。感謝の気持ちを込めて、食事をご馳走するなどしますよね。

その方法で、男性をデートに誘う手段もあります。

相手に、「何かしてあげた」という自覚がなくてもいいんです。他愛もないことでも、「あのときのお礼がしたい」と食事に誘えば、律儀な性格だと思われるだけで、不自然ではありません。

感謝されるというのは、誰でも嬉しいものです。喜んで、誘いに乗ってくれるでしょう。

暇なタイミングを狙って突然

デートをするのなら、あらかじめ予定を聞いて、プランを立てるのが一般的な流れでしょう。

でも、突然誘うというパターンもあります。これが意外と効果的。

相手が暇だと思われる日を把握しておき、そのタイミングで連絡を取ります。

「今日は何をしてるの?」と尋ねれば、「家にいる」などの返事があるでしょう。そこで、「じゃあ食事でもしよう」と誘ってみるのです。

突然のお誘いなだけに、もちろん断られることもあります。でも、それでもいいんです。

相手には、誘いを断ったという意識が残ります。「じゃあまた今度ね」と伝えておけば、今度は行こうという感情になるもの。

こちらも、「今度ね」と伝えてあるので、次回また誘うのも当然の行為。とても自然な流れができあがるのです。

おわりに

自然な流れで誘うことができれば、OKも出やすいし、また断られたとしてもダメージも少なくて済みます。また、次回の誘いにもつなげやすいはず。

なので、ご紹介したシチュエーションにうまく利用して、自然な流れを作ってみてください。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)