「彼氏が欲しい」「そろそろ本腰を入れて婚活しなきゃ」と、恋活・婚活に励んでいる人も多いことでしょう。

しかし、なかなかうまくいかずに悩んでいる人もいるのでは?

そこで今回は、男性に本命視されない女性がやってしまっているクセを紹介します。

それは結婚できないよ…男性に「本命視されない女性」がやっているクセ

男性を見下した発言が目立つ

「デート相手が『男尊女卑思考の男はイヤ!』と言っていた。しばし会話を続けると、男性を見下している発言が多くて『女尊男卑』思考が強いことに気づいた……。そんな考えじゃ、結婚どころか交際も難しくない?」(30代・IT)

男尊女卑な男性ってイヤだと感じる女性も多いはず。

しかし、その逆の女尊男卑もよくありません。

女性優位に考えているような発言をすると、男性も嫌悪感を抱くこともあるので、会話をするときは気を遣ったほうがいいかもしれません。

「男性に幸せにしてもらおう」という考えが強い

「デートした子が、元カレの不満ばかりこぼしていた。しかも『やってもらって当たり前』感があって、自分を満足させてくれる相手を探しているんだろうなと思った。男に幸せにしてもらおうという他力本願な生き方では本命視されないよ」(30代・不動産)

交際・結婚するのなら幸せになりたいもの。

でも、幸せって誰かに幸せにしてもらうのではなく、自分で日常の中で見つけたり、気付いたりするものです。

恋活・婚活を成功させたいのなら、「男性に幸せにしてもらおう」という、ちょっと甘い考えは捨てたほうがいいかもしれません。

初デートから結婚の話をする

「マッチングアプリで知り合った子とデートをしたら、しょっぱなから『結婚願望はあるの?』『子供は欲しい?』『今の会社に勤めて何年?』など結婚を匂わせる話をされて疲れた……。」(20代・web)

結婚願望がある場合、できれば似たような価値観の男性と出会いたいですよね。

しかし、男性からすると、はじめから結婚の話をされるのは、重たく感じてしまうもの。

もちろん、結婚相談所など結婚目的の場で出会ったのなら、最初から結婚の話をしてもいいでしょう。

しかし、交際目的で出会ったのならば、付き合う前から結婚の話をするのは控えめたほうがいいのかもしれません。

実家暮らしで家事は母親

「気になる相手から『ご飯はお母さんが作ってくれるし、会社に行っている間に掃除も洗濯もしてくれるから、実家暮しはラク』という言葉を聞いてしまい、恋愛対象から外したことがある」(30代・コンサルタント)

親離れできていない感じの発言は幼く感じてしまい、魅力ダウンにつながることも……。

隠しても、いずれバレることですが、自立した方が恋活も婚活もうまくいくかもしれませんよ。

恋につまずく原因はどこかにある!

恋活・婚活が難航している場合、何かしらの原因があるはずです。

つまずいてしまう原因を知って改善することができれば、きっと今よりもスムーズに事が運ぶはずです。

今回の内容を参考に、発言や行動に問題がないか、改めて見直してみてはいかがでしょうか。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)