男性の多くは、「好きな相手」とそうではない「友達」とでは、LINEの仕方にも違いがあるようです。

あなたも好きな人から来たLINEは、つい浮き上がってしまったり、送るのに緊張してしまったりしませんか?

では、そんな男性が本気で好きな「本気で好きな人」に送るLINEの特徴とは、どんなものなのでしょうか?

本命と友達はどこが違う?男性が「本気で好きな人」に送るLINEの特徴

すぐに返事をする

好きな人からのLINEは、誰よりも嬉しいもの。

普段なかなかLINEを送ってこない相手となれば、なおさらですよね。

好きな人からのLINEに居ても立ってもいられず、内容知りたさにすぐに既読にし、返信をする男性も多いでしょう。

ただし、仕事をしている最中だと、落ち着いてLINEを返せないときもあると思います。

「適当に返事を返したくない」「仕事が落ち着いてから」と、思っている男性も多いかもしれません。

好きな人からLINEが返ってこないと、ついモヤモヤしてしまうこともあるかと思いますが、相手の事情を考えてあげるとよさそうです。

あなたの状況を知りたがる

好きな人のことは、どんな小さなことも知りたくなりますよね。

それは男性も同じようです。

とくに、休日なら気持ちがゆったりしているためか、好きな人がいま何をしているのか、考える人も多いのではないかと思います。

「仕事終わった?」「いま何してた?」というLINEを送ってみたり、「今度の週末は休み?」とそれとなく予定を聞いて、デートのお誘いをしてみたり。

こんなふうにあれこれと聞きたくなるのは、好きな人への「独占欲」が少なからずあるから

聞かれたときはぜひ、あなたも同じように彼に質問してみると、会話も弾むはずですよ。

用事もなくLINEを送る

好きな人にLINEを送りたいけど、友達みたいに送る用件がない……。

こんなふうに、LINEの送り方に悩んでしまう男性も多いと思います。

悩んだ挙句、とりあえず「おはよう」「お疲れ様」などの挨拶を送ってみた、なんてことも多いようです。

ほかにも、「こんばんは」とか、ちょっとやり取りしたあとの「おやすみ」とか。

仕事が忙しい男性ほど、時間の使い方は限られてしまうもの。

自分の自由な時間を割いてまで、たわいもないLINEをするのは、相手への好意が強いからです。

彼が送ってきてくれたことに感謝して、ぜひ前向きに明るく返事を返してあげてください。

彼も気分が乗って、会話が弾んだり、デートのお誘いがあったりするかもしれませんよ。

ポイントは「前向きで明るい気持ち」!

本当に気になる相手では、行動が慎重になってしまったり、思うような行動が取れなかったりするものです。

そうしたなかで、恋が進展するポイントは「前向きで明るい気持ち」を持つことです。

ふたりの明るい気持ちが一致したとき、関係は少しずつでも進展するでしょう。

いま気になる人がいる女性は、ぜひ彼とのLINEを前向きに楽しんでくださいね。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)