気になる男性と仲良くなることはできても、それ以上の関係になれない。

友達止まりで終わってしまうことに悩んでいる女性もいるのではないでしょうか。

今回は、「いつも友達止まり」から卒業する方法を紹介します。

恋愛を意識させる!「いつも友達止まり」から卒業する方法

「仲良く」なりすぎない

好きな男性や気になる男性とは、まずはとにかく仲良くなろうと考えるものでしょう。

もちろんそれは間違っていないのですが、あまりにも仲良くなりすぎると、逆に恋愛対象からは外されてしまうかも。

大事な友達や信頼できる親友といった状態にまでなると、その関係性を壊したくないという思いが生じやすいです。

恋愛関係になりたいのであれば、適度な距離感は保ちながら、異性を意識し合えるふたりでいることは大きなポイントのひとつですよ。

「みんな」から「ふたり」を増やす

いつも仲良しグループで会ってばかりいては、恋愛に発展しにくいもの。

みんなで楽しんで、ある程度仲を深められたら、少しずつふたりで会う時間を持つようにしましょう。

LINEで会話をする回数を増やしたり、ふたりで飲みに行ったり、相談を持ちかけてみたり。

いきなり2人きりで本格的なデートをするというよりも、まずは自然な流れで2人きりの時間を増やすことを意識してください。

「いい雰囲気」を壊さない

友達同士の関係だと、あまりいいムードや雰囲気にはなりにくいもの。

仮にいい雰囲気になりかけたとしても、そこに気まずさを感じて自ら壊してしまうケースも少なくありません。

でも、その気恥ずかしさを乗り越えないことには、恋愛関係に発展させることはできません。

ふたりで会っているときに、ムードが変わってきたのなら、そこで茶化したり逃げたりはせずにちゃんと向き合うようにすると、友達止まりから抜け出せる可能性は高いですよ。

「時間」をかけすぎない

仲良くなってからの時間が経てば経つほど、どんどん“友達”という認識は強くなっていきます。

「好き」という思いを抱いているのなら、早めに好意を示して異性であることを意識させることが大事です。

なんとなくでも好意を感じたら、男性もその女性のことを気にせずにはいられなくなります。

それは、友達止まりと友達以上の境界線を越える要因にもなるので、時間をかけすぎて動きにくくならないように気をつけてくださいね。

おわりに

実は友達として仲良くなりすぎてしまうことが、マイナスに働く場合もあります。

ある程度の距離感はあったほうが、ドキドキ感も生み出しやすくなるので、バランスを保つようにくださいね。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)