社会人男性にモテる女子は、顔がかわいとか、見るからにモテそうな女子だとは限りません。

一見普通なのに、いつもなんとなくいい男との縁があり、現彼氏と別れそうになるとすぐに次の候補が接近してくるコっていませんか?

そんな彼女たちが持つ、一見モテとは関係なさそうな「好かれる理由」とは?

社会人男性にモテる女子に共通する「好かれる理由」とは?

余裕があって気が長い

「忙しいときとか、仕事で悩んでいるときは恋愛のことを優先できない。だから、その波を理解してくれる女子は、僕にはすごく貴重です。

久々に連絡しても『今更?」とか言わないで楽しく会える子が好き。付き合ってからも信頼できる」(30歳・男性)

彼氏が途切れない女子は気が長く、男性とつながっていることに必死になりません。

こまめにコミュニケーションを取り続けることを、仲の良さやつながりと感じる女子も多いですよね。

そしてちょっと連絡が途切れた男性は、すぐに恋愛対象から外して次に進んでしまう人も少なくないです。

いつでも恋愛が最優先な男性ばかりではないので、「連絡が来ない=脈ナシ」と切り捨てている女子は、男性とのご縁が切れやすく、いつも手持ちのカードがない状態になりやすいもの。

それだけに、余裕があって気が長く、久しぶりの男性にもブランクを感じさせない態度を取れれば、恋のチャンスを逃さない可能性が高いということ。

なんでも白黒つけすぎない気の長さは、隠れたモテ要素です。

程よい放置スキル

「『明日から出張だから今日はもう寝るね』と言うと『どこまで行くの?』『いつ帰ってくるの?』って話を続けたがる子多いよね。
帰る日には『今日帰ってくるって言ってたよね?(=返事できる状態だよね)』って圧をかけてきたり……。

安心させるためにスケジュールを共有してるんだから、それを「会う」「LINEする」の目安として受け取るような子はキツイな……そっとしておいてくれる子が好き」(28歳・男性)

男性が放っておかない女子ほど、ほどよい放置スキルがあります。

このケースなら「そうなんだ、おいしいものを食べたら写真送って」とさっとやり取りを終わらせます。

中身のない話が苦手で「出張終わったよ」というだけのLINEは嫌いという男性でも、「食べておいしかったもの」のようにお題が決まっていれば、何日かやり取りがなくても気楽に返信できるはず。

話の種をまき、連絡が来るまで待てる。来た連絡にはすぐ返す。

――この流れは、相手が連絡したいタイミングに合わせて攻めるので効率が良いうえ、女子から一方的に追いかけているように見せないところが、男性の心を引きつけるのです。

はっきり言う

「毎月『今月が終われば落ち着く』と思っているような忙しい状態だから、女子が内心寂しがっていても気づけないこともあります。
『そろそろかまって』『ご飯だけでもいいから顔見たい』とかはっきり言ってくれる子は、すごく気が楽。
忙しくて会えないイコール会いたくないじゃないので、勝手に遠慮しないでくれると助かります」(33歳・男性)

忙しい男性は女子の機嫌に敏感ではいられません。

急に「私なんてどうでもいいんでしょ!」とキレられてびっくりすることもあるそうです。

忙しい彼と長続きする女子は、なんでも我慢せず、「そろそろかまってくれないとつらい」など、時に素直にはっきり自分の要望を口にします。

彼が忙しいほど、遠慮する女子も多いですが、忙しい人に「察する」手間をかけさせないのも思いやりですよ。

マイペースなほうが愛される?

「気長に待つ」「程よい放置」「はっきり言う」は、恋愛に必死になりすぎないからできること。

放置と自己主張のバランスが大事です。

恋愛以外の心の支えを持っていたり、ある程度、自分に自信があるゆえのマイペースさが、忙しい男性の心をとらえるのかも。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)