気になる彼といい感じだけれど、彼の気持ちがいまいち読めなくて不安……。

そんなとき、どうすれば関係が発展するのか気になりますよね。

今回は、片思いから両想いになったカップルの特徴を紹介します。

彼とあなたの関係に、同じような雰囲気があるかどうかチェックしてみてくださいね。

もう片思いじゃない!気になる彼と「両想い状態」のサインって?

気づいたらほぼ毎日電話している

「普通ならLINEで終わる内容でも、ちょっと時間があったら電話してた。彼女も次の日が早くなければ対応してくれて嬉しかった。もちろん僕もかかってきた電話にはほぼ対応。寝不足になる日もあったけど苦じゃなかった」(26歳/医療従事者)

彼といい感じになったとき、LINEの頻度が多いのは割とありがちなケース。

そこに加えて、電話の頻度が多いことも、両想いかどうか判断する重要なポイントのひとつになるようです。

ちょっとした用件のみのとき、もしくはとくに何も用事がないときでもあえて電話をするのは、相手をより近くに感じたいと強く思っているからこそでしょう。

もともとの彼の連絡頻度によって差があるので、以前と比べてどうか、という点で考えてみてくださいね。

話すときの距離がほかの人よりも近い

「お互いにいい感じだなと思ってるときって、話すときの距離が近い。今の彼女も、基本的に距離感が近めだったけど、付き合う手前のときは、横並びに座ってたら肩や腕などがくっついていた(笑)」(29歳/インストラクター)

両想いになる=心の距離が近い関係になるということ。その前触れとして、物理的な距離感も近くなるようです。

彼がほかの女友達などと話しているときと、自分と話しているときとで比べてみてくださいね。

両想いになれる関係なら、自然と彼との距離感がグッと近くなっていても、嫌な感じがしたり、違和感があったりしないはずです。

お互いに恋愛観についてよく話す

「相手が彼氏にどんなことを求めてるのか、どんな恋愛がしたいのかって興味あります。彼女もそう思ってたからだろうけど、気が付けばいつも恋愛観の話になってた」(27歳/職業)

相手の恋人になりたいと意識しているからこそ、気がつけば2人の話題が恋愛に寄りがち。

両想いであれば、お互いに相手のことをもっと知りたくなるので、話も盛り上がるでしょう。

彼との何気ない会話の内容を思い返してみてくださいね。

彼との普段のやりとりをチェック!

当てはまる項目があった人は、彼と両想いの可能性大!

思い切って自分からアプローチをしてもいいでしょう。

今はまだどうかな?という人も、今回の事例を彼に試して、反応を見てみるといいかもしれません。

(愛カツ編集部)