自分は「またこの人と会いたい!」と思ったのに、次のデートのお誘いがなかった……。

そんなとき、待っているばかりでそのままにしてしまっていませんか?実は男性も「断られたら嫌だな」と感じて悩んでいるかもしれません。

「もう1回誘おう」と思った女性の行動について聞いてみました。

ここが違った!「もう1回デートに誘おう」と思った女性の行動

 

丁寧なお礼LINEが来た

「デートの後、一緒に行ったお店選びのセンスや出てきた料理、会話が楽しかったことなど具体的に書いてお礼LINEをくれる子は『いい子だなあ、また会いたいなあ』と思いますね」(25歳/証券会社勤務)

デートでは女性よりも男性の方が圧倒的に「相手を楽しませられたかな」ということを心配している人が多いです。

そこで、デートが楽しかったこと、また会いたいという気持ちが伝わるLINEが来たら、苦労も報われるもの。

丁寧なお礼LINEは気持ちが伝わりますよ。

 

デート中に話した趣味グッズのことで連絡をくれた

「今の彼女、会ったときにあまり僕の話を興味なさそうだったし『2回目はないかな』と思ったんですね。
食事中にアウトドアの趣味のことを話したんですが、『これ、雑誌の付録に出るみたいですよ』と僕が探していた保冷機能つきのリュックのことを連絡くれたんです。

デート中はそんなに楽しそうに見えなかったので、微妙だったかな……と思っていたんですが、僕の話を覚えて連絡くれたことに感激して。その後、お礼も兼ねてまたデートに誘いましたね」(28歳/通信会社勤務)

話題に出たことを覚えていて、相手の返信しやすいような内容で連絡されたら「この人は自分のことをそんなに考えてくれているのか」と感激しますよね。

人見知り、デート中に緊張してうまく話せない……という方はぜひ「後からフォロー」を試してみましょう。

 

その場で「いつがいいですか?」と聞いてくれた

「『いいな』と思っていた同僚とご飯に行ったのですが、相手が高嶺の花っぽいというか……自分なんて相手にされないんだろうなって思ってたんです。
なので社交辞令っぽく『また飲みに行きましょう』と言ったら『行きましょう、いつがいいですか?』と言ってくれて。
素直にうれしかったです」(24歳/スポーツ施設関連会社勤務)

男性の側が「どうせ誘ってもムリだろう」と思って誘えないでいる状況もありえます。

でも、それって直接聞くわけにもいきませんよね。

女性のほうから「また会いましょう」のボールを投げることで相手にこちらのOKを伝えられます。具体的な日程まで聞いてしまったほうがこちらの本気度も伝わりやすいですよ

 

一歩踏み出す勇気も大事

ほんの少し行動を起こすだけで次のデートにつながる可能性はぐっと高くなります。

「この人とまた会いたい」という思いが少しでもあるなら、チャンスを逃すのはもったいないです。

デート中うまく話せなかったとしても、後からのフォローでも可能性は広がるので、ぜひ面倒くさがらずにやってみてくださいね。

(上岡史奈/ライター)

(愛カツ編集部)